クリニックBlog

2015.11.28更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

11月14日の日本糖尿病学会近畿地方会に参加してきましたhappy01

糖尿病治療における新薬ついての講演や症例紹介のほか、自動車運転中の低血糖の予防、糖尿病患者への心理カウンセリングの効果など、盛りだくさんな内容で、とても勉強になりましたflair

妊娠糖尿病についての講演もあり、血糖調整のための分割食や、カーボカウントを用いたインスリン療法、出産後の2型糖尿病への移行の予防など、興味深い内容ばかりでした。

最も関心をもったのは、歯周病治療によって2型糖尿病が改善したという医科歯科連携の症例でした。
70代の男性の症例ですが、ほとんどすべての歯が歯周病に侵されていたのに、6か月間の適切な歯周病治療とブラッシングにより、歯周病進行度も糖尿病の指標であるグリコヘモグロビン(HbA1c)も改善していました。

以前ブログでお話したように(栄養カウンセリング室より NO.8)、妊婦さんが歯周病にかかっていると早産や低出生体重児出産のリスクが高くなります
また、歯周病の人は糖尿病になりやすく、糖尿病の人は歯周病になりやすいことも分かっています。
妊娠糖尿病だけでなく、多嚢胞性卵巣症候群も血糖調整と深く関わっているのですから、歯周病の予防や改善は、女性にとっては重要な課題となると思います。

もうすでに歯の健康に気を配っていらっしゃる方も多いと思いますが、「歯周病はうつる」ということも忘れないでください。
ご家族に歯周病の人がいれば感染する恐れがあります。
ご主人は大丈夫ですか
身近な人が歯周病だと、赤ちゃんも歯周病に感染してしまいます。
直接の接触だけでなく、食具restaurantの共用や大皿料理の取り分けなどにも気を付けましょう。
まずは予防が大切なので、歯周ポケットが何mmなのか歯医者さんで測ってもらってくださいね。
正しい磨き方をするだけでも予防はできます。
毎日のブラッシングで、お口の環境をととのえていきましょうnote

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2015.11.14更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今日11月14日は、「世界糖尿病デー」です。

インスリンを発見したカナダのバンティング医師の誕生日にちなみ、世界保健機関(WHO)によって定められました。
もともと国際糖尿病連合(IDF)と世界保健機関(WHO)が1991年に定めていた記念日でしたが、2006年12月の国連総会で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択されたのを機に、国際デーとして公認されました。

糖尿病患者は年々増えていて、その数は、世界の成人人口の約8.3%となる3億8200万人だそうですflair
糖尿病の合併症などによる死亡数は年間510万人以上で、6秒に1人が世界のどこかでこの病気のために命を奪われていることになります。

日本でも、2012年の調査によると、総人口の10%を超える約2,050万人の糖尿病患者および予備群がいると推定されています。

妊娠にも糖尿病は深く関わっています。
排卵障害の原因の一つである多嚢胞性卵巣症候群は、インスリン抵抗性の高い人に多いと言われていますwobbly
また、妊娠中は、胎児に優先的にブドウ糖を送るために、胎盤からhPL(ヒト胎盤性ラクトゲン)などのホルモンが分泌され、血糖値が上がりやすくなりますが、基準値を超えて高血糖が続く場合は、妊娠糖尿病と診断されます。
妊娠中の高血糖は、巨大児や羊水過多などを引き起こし、早産や難産のリスクを高めるので、厳重な血糖管理が必要となります。
近年、妊娠糖尿病は増加し、妊婦の8人に1人と言われていますbearing
もともと血糖値の高い人はもちろんのこと、そうでない人も、妊娠前から血糖調節を意識した食生活を考えないといけませんね。

世界糖尿病デーに合わせて、世界中で啓発活動が行われています。
今日は、京都で、日本糖尿病学会近畿地方会が開催されるので、私も参加してきますsign01
「妊娠と糖尿病」についての教育講演もあるので、しっかり勉強してまたご報告しますねhappy01

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg