クリニックBlog

2018.10.25更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

去る10月13日の不妊カウンセラー養成講座のあと、銀座にある某大手健康食品通販メーカーのショップで、AGE体内糖化度検査を受けてきました。
2016年10月2日に初めてこの検査を受け、今回が2回目になります。
前回の記事はこちらです→https://www.haruki-cl.com/blog/clinic/nikki/2016/10/

2年ぶりなので、ドキドキしましたsun
「糖化=老化」と考えられるので、2年分の生活習慣がどのように数字に反映されるか、まさに管理栄養士としての真価が問われる瞬間ですun

そして、結果は・・・

2.5でした

 

2年前が2.8だったので、0.3ポイント改善したことになります。
糖化度年齢も82歳から70歳になりましたheart3
2年経って12歳も若返るとは素晴らしいgya
(実年齢よりかなり高齢なので、喜んでいる場合ではないのですが・・・)

touka

 

この2年間、何に気を付けたかと言うと、やはり炭水化物の摂取です。

炭水化物は、糖質と食物繊維に分類されます。
糖質は、人の消化酵素で分解され、エネルギーになるもので、食品としては砂糖やでんぷん質の物がこれに当たります。
一方、食物繊維は、人の消化酵素では分解されないのでエネルギーにはなりませんが、腸内細菌のエサになり、腸内環境の改善に役立ちます。
急激な血糖値の上昇も抑えてくれます。
食物繊維が多い食品は、野菜や雑穀、海藻、きのこなどです。

よって、食物繊維を増やし、糖質を控えることを心がけました。
砂糖を使った甘いお菓子はほとんど食べなくなり、体重も2㎏減りました。
これだけが理由ではないと思いますが、努力が実るのはうれしいものですねnico

揚げ物やキャラメルなどの焦げたものを食べても糖化は進むと言われていますが、私はコーヒーがやめられないので、こちらは無理だと思います。

また2年後ぐらいに測定し、2年間の成果を確かめるつもりですni

 

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg