クリニックBlog

2018.11.08更新

冷え込みが徐々に強まり、夜もだんだん寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

私は先日名古屋で開催された、第21回日本IVF学会に参加してまいりました。

 

看板

 

「Future of ART」が今回のテーマでしたので、

着床前診断~出生前診断、さらにARTで妊娠出産した児の予後についての講演がいくつかあり、

少し私には難しい内容でしたが、再生医療の分野で活躍されている先生の講演もあり多岐にわたる興味深い内容でした。

  

その中でも卵管鏡下卵管形成術(FT)についての講演があり、有用性を再確認することができました。

 当院でも多く実施している卵管鏡下卵管形成術(FT)は健康保険適用の治療であり、

女性不妊の中で最も頻度の高い卵管因子にアプローチでき、患者さまにとっても負担が少ない治療だと考えられます。

https://www.haruki-cl.com/one_day/

他院で「体外受精でしか子どもはできない」と断言された人は一度当クリニックでFTを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

今回の学びを活かしこれからも精進してまいります。

  

名古屋の帰りは名物のひつまぶしを頂きました。

香ばしい香りで身が柔らかくとても美味でしたglitter3

 

ひつまぶし

 

看護部 栂野

受付部 横田

  

2018.10.18更新

秋晴れの爽やかな日がつづいておりますが、いかかお過ごしでしょうか?

 

先日、東京で開催された第43回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に参加して参りました。

か

 

 

今回の養成講座は、『カウンセリングとケアの基礎』『生殖医療の基礎知識』、最新の知識を得るための『明日の生殖医療を学ぶ』などから構成されていました。

 

慢性子宮内膜炎と不妊の関連、排卵誘発・卵巣刺激に対しての多胎防止などについて有意義な知識を習得してまいりました。

 

とくに、慢性子宮内膜炎に関しては着床障害の原因として最近注目されていて当院でも検査を実施しております。

この分野ついては今後も私どももさらに勉強していきたいと思います。

 

また、不妊カウンセリングを行ううえで重要となる不妊症並びにカウンセリングに関わる基本事項についても学び、不妊治療の背景にはカップルそれぞれ抱えている問題があり個別のフォロー、相談の場が大切であることを知ることができました。

 

今回学んだことを日々の診療でも活かして頑張っていきたいと思います。

 

最後に記念に東京タワーに行って参りました!!

 

 tower

 

看護部 岩本・和田

管理栄養士  花田

 受付部   塩川

 

 

2018.09.11更新

肌寒い季節となりましたがみなさま体調お変わりなくお過ごしでしょうか?
さて、私達はこの度福岡県で開催された日本生殖看護学会学術集会へ参加してきました。

 

あ

 

テーマは「治療と仕事の両立支援―女性が輝き続けるために―」です。
学会では仕事と治療の両立経験のある女性のお話しを聞く機会がありました。
不妊治療を支援する企業は増えているものの、安心して両立できる職場はまだ多くない現状があります。
当院にも働きながら通院をされる患者様は多くいらっしゃるかと思います。今後不妊治療に対する職場の理解や制度の充実により、皆さまが安心して仕事を続けながら治療を受けられる環境が整う社会となることを期待しました。

また、通院中の患者様の支えはご主人さまの協力はもちろん、医療スタッフも支えになっているというお声を聞くことができました。皆さまの治療の中に安心・ほっとできる時間が増えるよう今後も精一杯サポートしていきたいと思いました。

 

駅

福岡のグルメも堪能してきました。餃子・ラーメン・屋台グルメなどなど…
もつ鍋や水炊きも堪能したかったのですが時間の都合上食べられず、またの機会を楽しみにしておこうと思います。

 

ギョウザ たべもの 

ラーメン

 

今回の学会での貴重な学びを今後に是非活かしていきたいと思います。

 

看護部 葛西・白井

2018.08.04更新

熱帯夜がつづいておりますが、昨晩はぐっすりお休みになれましたでしょうかstar


さて、7/26-27に千葉県の幕張メッセで開催された日本受精着床学会総会・学術講演会に出席して参りましたglitter3
福田と安藤は今回が初めての学会参加でドキドキワクワクしていました(笑)


あり

参加した2日間共に千葉県はとても涼しく過ごしやすかったですihi

「生殖医療と社会の調和:子を望むカップルとともに」というテーマのもと、多くの演題が寄せられていました。
また当院からは前田先生が卵管鏡下卵管形成術について発表されました!

い


今回の学会では生殖医療の最新の研究発表や、カウンセリングなど様々な内容でとても興味深く、学ぶ事が多くありました。
今回の得た知識を活かして、皆様のお役に立てるよう日々励みたいと思いますheart2

 

培養士 辻

看護部 福田

受付 安藤

2018.06.22更新

 

 

紫陽花が長雨に濡れる今日この頃ですが、

皆様いかがお過ごしでしょうかstar

 

私は6/15-6/16に開催されました、

日本アンドロロジー学会および精子形成・精巣毒性研究会共同開催学会に

出席して参りました。

 

学会会場

 

アンドロロジーとは、「男性学」「雄性学」の事です。

普段は女性不妊をメインで扱っている為、

これを機に男性不妊について沢山学ぶ事が出来ました。

 

また、日本生殖心理学会が開催していた

「カップルの心理と関係性に配慮した男性不妊ケア」

というテーマの共催セミナーにも参加致しました。

 

不妊治療において男性は

「当事者」というより「家族」と扱われがちです。

治療に取り組むご夫婦がそれぞれの立場から発信する言葉や態度が

お互いに上手く伝わっていないがために、

関係性が悪化してしまうという

悪循環に陥ってしまう事もあるかもしれません。

男性側の考え方、女性側の考え方について学び、

治療以外の部分についても改めて考えるきっかけになると共に

患者様のお気持ちに寄り添った対応の必要性を強く感じました。

 

ちなみに当院では、火曜・金曜に

無料で心理カウンセリングも行っており、WEB予約も可能でございますleaf

お気軽にご予約くださいませnico

 

 

受付 屋麻戸

2018.06.07更新

 

皆様、梅雨入りしましたが、いかがお過ごしでしょうか。

この時の東京はとても暑く快晴でした!

 

3

 

 

 

先日、東京で開催された第42回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に

参加して参りました。

 

 

 

         1

 

 

 

今回の養成講座は、子宮内膜症・子宮腺筋症、性分化疾患や漢方や中医学とARTの関連について

学ぶとともに生殖医療関連の最新知識を習得して参りました。

 

 

カウンセリングの基礎講座では実際にグループワークを行い、

コミュニケーションを取る大切さを学ぶことが出来ました。

 カウンセリングはニュートラルな気持ちで聴き、クライアントのおかれている状況や気持ちを

想像する事が重要だという事を知りました。

 

子宮内膜症・子宮腺筋症の講義では実際に子宮腺筋症の貴重な手術動画を拝見出来ました。

診察の中でよく耳にする言葉も多く、興味深く講義を聞く事が出来ました。

今回、学んだことを日々の診療でも活かして頑張っていきたいと思います。

 

 

 

今回は虎ノ門ヒルズも近く、素敵なお店がありました。

 

2

 

看護部 田渕、岩本

受付  塩川、神戸、井上

 

 

 

 

 

 

2018.06.04更新

皆さまご機嫌いかがでしょうか

 

先日埼玉で開催された第59回日本卵子学会に参加してまいりました。

title

 

今回は演題に次世代技術というカテゴリーが設けられており、色々な分野で話題のAI(人工知能)やディープラーニング技術による胚の評価法などが

紹介されていました。

またヒトES細胞から生殖細胞を誘導する技術やゲノム編集技術など、臨床応用にはまだまだ遠いと思われますが、未来の医療を感じさせる内容となっていましたglitter

新しい技術が出てきたときに遅れをとらないよう、これからも勉強していきたいと思います。

 

 

学会出張のときは、夜にその土地の美味しいものを食べるのが楽しみでもあるのですが、今回は埼玉名物がよくわからず汗

鰻になりました。

unagi

美味しかったですheart3

 

 

培養士

炭谷

西田

 

2017.11.20更新

11月16日、17日に山口県下関市で行われた『日本生殖医学会』に参加してきました。
看板

第62回となる今大会は「生殖医療の潮流を読み解き、幸多き未来へ」というテーマのもと、多くの演題が寄せられていました。

そして当院からは培養士による口頭発表1題と、患者さまから頂いたアンケートをもとに看護師によるポスター発表1題を行いました。

当院での培養士による口頭発表は今大会が初めてです!

発表

発表後は他施設の先生や座長の先生から質問を頂き、有意義な討論を行えましたglitter3

学会会場からは本州と九州をつなぐ関門橋や、武蔵と小次郎が決闘した場所で有名な巌流島を見ることができましたflower

関門海峡

 

晩御飯は下関名物の「ふく」と一緒に、海の幸を美味しく頂きましたihi

 

 

今後も積極的に学会に参加し、生殖医療分野にわずかながらでも貢献していきたいと思います!

 

看護師 岩本

培養士 仲 朽原

 

2017.10.04更新

10月に入り秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうかflower2

先日、第41回 不妊カウンセラー養成講座に参加して参りましたglitter

 看板

 

生殖医療の基礎内容から

当院でも導入しているタイムラプスの重要性、不妊治療にどう男性が関わっていくのかなど

患者さまにお役に立てる内容が多くありましたclover

また、カウンセリングの練習方法として実際にロールプレイングを行い、

感情の動きがどう変化するのかを実際に学ぶことも出来ましたgift

 

 

 

 

帰りに明治神宮に立ち寄りましたleaf

 

明治神宮

 

 

今後もみなさまに確かな情報をお伝えできるよう、

日々知識を深めて参りますstar

 

看護部 中村・岩本

管理部 橋本

受付  横田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.09.27更新

お彼岸が終わり、過ごしやすい気候になって参りました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、9月17日に東京で開催された、『第9回生殖補助医療胚培養セミナー』に参加して参りました。

当日は台風18号が接近しておりましたが、全国各地から250名程の胚培養士がこのセミナーに参加し、生殖医療の現状や胚培養士としての取り組み方について学びました。

講義内容は、無精子症原因遺伝子についてや培養室のマネージメント、子宮の構造と働き、生殖医療の倫理など多岐に渡り、大変充実していました。

講義ではiPS細胞やゲノム編集など、新しい技術によって今までは考えられなかった高度な治療が可能になるかもしれないということを教えて頂き、日常の業務の中では知ることのできない新たな生殖医療の可能性を知り、大変刺激を受けました。

今回学んできたことを少しでも患者様のお役に立てるように、
日々励んでいきます。

培養部
仲 炭谷

前へ
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg