HOME > 自費診療と保険診療

自費診療と保険診療

自費診療と保険診療について

保険診療とは、どこの病院に行っても同じ金額で同じ治療が受けられる、という前提に基づいています。不妊治療も、「一般不妊治療」には保険を適用することができます。

一般不妊治療とは?
一般不妊治療とは?

排卵日に合わせて、性交渉をする「タイミング療法」が一般的です。女性の粘液や尿中LH(黄体形成ホルモン)の量などで、排卵日を予測し、性交渉を持つことで妊娠のチャンスをつくります。その他、基礎ホルモンなどの血液検査、排卵を誘発するための薬投与も保険の範囲内で行なうことができます。当院では患者様が自分で排卵誘発剤を打つことができる自己注射もお薦めしています。

自費診療とは?

不妊治療は、日々進歩しています。人工授精、体外受精、顕微授精など、高度な生殖補助技術は保険治療の適用外ですので、自費診療になります。
自費診療は経済的な負担がありますが、患者様にとっていろいろなメリットがあります。治療方法の幅が広がり、妊娠率が高まります。自費診療での不妊治療は、妊娠、出産への近道だといえるでしょう。

保険診療

人工授精・体外受精・顕微授精

その他

高度生殖補助医療の費用について

高度生殖補助医療の費用について

患者様の経済的な負担を軽減するため、当クリニックでは治療の前に費用を一括で納入する「前納金制度」を用いておりません。
診察、採卵、胚移植、凍結確認、妊娠判定という各プロセスにおいて、その都度、要した費用をお支払いいただく、明朗でわかりやすい料金体系です。

費用のモデルケース

採卵、受精、培養、胚移植、凍結時に発生する費用について解説いたします。

(A)採卵費用

麻酔の方法や採取できた卵子の個数によって変わってきます。
(採卵当日)

一例

静脈麻酔 20,000円+卵子1個60,000円=80,000円
静脈麻酔 20,000円+卵子7個以上120,000円=140,000円
(2個以上1個につき、10,000円加算)
(B)受精に関する費用

受精方法の選択により、下記のいずれかの方法で生じた費用が発生します。
(胚移植時または凍結確認時)

スプリット法 正常受精7個未満 70,000円
※下記の23の両方を行なう方法です。
媒精(一般体外受精) 正常受精あり 50,000円
顕微授精 正常受精1個 60,000円

(C)胚培養に関する費用
(胚移植時 または 凍結確認時)

30,000円または60,000円

(D)胚移植および胚凍結費用
胚移植 50,000円 + 孵化補助術(AHA) 30,000円 = 80,000円 
(孵化補助術を実施しない場合もあります)
胚・卵子を凍結する場合
1個 40,000円
2個以上1個につき5,000円加算 45,000円~

詳しくはこちら

  • 初予次月初診予約開始日
  • 休診休診日
  • P休午後休診
  • ○休医師休診
  • ○診医師診療あり
  • P診午後診療あり
  • 診療診療日
  • カ休カウンセリング休み
  • ☆おお知らせ
  • 【医師記号】
  • H…春木院長 W…脇本 F…三杦
  • K…金田 Y…山中 M...前田

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00 [休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日[住所]〒542-0081 大阪市中央区南船場3-12-9 心斎橋プラザビル東館 8F地下鉄御堂筋線・鶴見緑地線心斎橋駅から直結06-6281-3788