HOME > 診療のご案内


当院では不妊治療に関わるすべての治療を行っております。
もちろん一般婦人科診療も行っておりますので、お気軽に活用して頂ければと思います。

診療科

婦人科

治療内容

外来

  • 排卵障害外来
  • 妊娠力チェック外来
  • セカンドオピニオン外来
  • 早発閉経外来

相談

下記のような症状でお悩みの方はご相談ください。

  • なかなか妊娠しない
  • 夫の精子を調べたい
  • 結婚する前に色々と調べたい
  • 生理痛がひどい
  • 子宮ガンの検診
  • 生理が不順・生理が来ない
  • 卵巣の予備能を知りたい
  • 流産を繰り返す
一般不妊治療

超音波検査や血中や尿中のホルモン(女性ホルモン、LHなど)を利用して、正確な排卵日を推定したうえで、夫婦生活のタイミングをはかるタイミング療法、や子宮の中にカテーテルを介して直接調整した精子を注入する人工授精(AIH)があります。ただし、月経が不規則で、排卵障害がある場合には排卵誘発剤を、高温期が短くなどの黄体機能不全には、黄体賦活療法や黄体ホルモン補充などが行われます。

不妊検査

問診から内診、超音波検査で子宮・卵巣の状態を評価することから始まります。次に、卵巣年齢検査(抗ミュラー管ホルモン)や高温期の黄体ホルモンなどを調べるホルモン検査、子宮の形状や卵管の状態を調べる「子宮卵管造影検査」、男性には精液検査を必ず実施します。

超音波検査

膣内から超音波を当てることによって、子宮・卵巣を観察します。子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫を診断するためには必須の検査です。不妊治療では、排卵時期を推定するための卵胞径計測も行います。

ホルモン検査

血液検査により各ホルモンの値を測定します。月経周期によりホルモンの分泌が異なるため、排卵周期初期にはFSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体形成ホルモン)、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)を排卵周期後期(高温期)にはプロゲステロン(黄体ホルモン)、エストロゲン(女性ホルモン)を調べます。体外受精では、適切な採卵時期や卵巣過剰刺激症候群の発症リスクなどを評価するためには、非常に重要な検査です。

子宮卵管造影

子宮内に細いカテーテルを通し、そこからゆっくりと造影剤を注入してレントゲン撮影をする検査です。この検査では、子宮腔の形状や卵管の通過性、周囲の癒着などを調べます。

人工授精

人工授精とは男性から採取した精子を遠心分離などによって運動良好な状態へと調整し、その精子をカテーテルで子宮内に送り込む治療法です。注入後は、自力で精子は卵子まで到達し、受精卵が発育しながら子宮内へたどりつき、着床する過程は、ほぼ自然妊娠と同様です。

体外受精

卵胞を多数発育させた後で、手術的に卵子を取り出し、その卵子を同日に採取した精子とを体外で受精させ、数日間の培養後に女性の子宮内に戻す治療法です。

顕微授精

卵胞を多数発育させた後で、手術的に卵子を取り出し、運動良好で形態が正常な精子を選び顕微鏡で見ながら卵子の中に精子を人工的に送り込む方法です。これにより、男性不妊や受精障害のある場合でも確実に受精させることが出来ます。一般的なICSI(卵細胞質内注入法)のほかに、PZD(透明帯切開法)・SUZI(囲卵腔内精子注入法)があります。

胚および配偶子の凍結保存

体外受精や顕微授精の際、1度の採卵で複数の卵が確保でき、費用や体にかかる負担を軽減することが出来ます。凍結胚があれば、出産後早々に凍結胚を戻すのみで再度の妊娠が高率に期待できます。不妊治療を受けている人だけでなく、将来の妊娠の可能性を残すために健康な状態で良質の卵や精子を凍結保存する場合もあります。

凍結融解胚移植

凍結保存した胚を解凍し子宮に移植します。

不育症治療

不育症とは妊娠後に流産が繰り返され(反復流産、習慣性流産)、なかなか生児が得られないことを言います。原因は年齢の上昇にも関連するのですが、胎児の染色体異常が約7〜8割と考えられています。しかし、母体に原因があることも全くないわけではなく、早めに抗リン脂質抗体などの検査をし、原因を特定して適切な治療を受けることで妊娠・出産につながる確率が高まります。

漢方療法

患者様の症状に合わせて漢方薬を処方します。体に合えば継続して服用できるため、婦人科ではよく用いられる療法です。排卵障害、月経異常、不育症、冷え性などに効果があります。男性不妊症にも有効な場合もあります。

カウンセリング

専門の知識を持った、心理カウンセラー・栄養カウンセラー・遺伝カウンセラーが、じっくりお話を聞かせて頂き、それぞれの視点から詳しくご相談に応じます。個室で守秘義務を厳守いたしますので、ご安心してご利用ください。
また、不妊カウンセラーの資格を持ったスタッフも、治療内容のご説明や抱えていらっしゃる心の負担を軽くするお手伝いをさせて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください。

子宮鏡

子宮内を胃カメラよりもはるかに小さなファイバースコープで詳細に観察する検査のことです。着床障害が疑われた場合には、非常に有用な検査で、外来でも簡単に行うことができます。子宮内膜ポリープの約20%が超音波検査では発見できないとされ、胚移植を行う方には必須の検査です。

卵管鏡下卵管形成術

子宮卵管造影検査で卵管の閉塞や狭窄狭搾などが認められた場合に用いられる手術です。子宮内にカテーテルを挿入し、極細のカメラで卵管の入り口や内腔の確認を行いながら、閉塞または狭窄部位に空気圧で拡張するやわらかいカテーテルを挿入することにより治療しまします。日帰りで実施することも可能に。

詳しくはこちら

  • 初予次月初診予約開始日
  • 休診休診日
  • P休午後休診
  • ○休医師休診
  • ○診医師診療あり
  • P診午後診療あり
  • 診療診療日
  • カ休カウンセリング休み
  • ☆おお知らせ
  • 【医師記号】
  • H…春木院長 W…脇本 F…三杦
  • K…金田 Y…山中 M...前田

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00 [休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日[住所]〒542-0081 大阪市中央区南船場3-12-9 心斎橋プラザビル東館 8F地下鉄御堂筋線・鶴見緑地線心斎橋駅から直結06-6281-3788