クリニックBlog

2018.05.31更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

去る5月27日、『第18回日本抗加齢医学会総会』の市民公開講座に参加してきました。
昨年は東京で参加し、今年は大阪での開催だったので、2年連続参加できました

今年のタイトルは、『100歳現役時代の到来 生涯、若く、美しく! すぐに役立つ最新・アンチエイジング習慣』でした。
昨年7月に、2016年の日本人の平均寿命は、女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新したことが報じられました。
「100歳現役」とまではいかなくても、健康寿命を延ばし、いつまでも趣味や旅行を楽しめる自立した生活を送りたいですねnico

第2部では、1979年に『魅せられて』で日本レコード大賞を受賞した有名な女優さんが、ご自身の健康術について語ってくださいました。
淡いピンクのチャイナドレスがお似合いで、実年齢を聞いてびっくりするほどお綺麗でしたheart3
さすが、女優さんですね笑う
日々の生活に気功を取り入れていらっしゃるとのことで、私達にも簡単にできる気功を教えてくださいました。
私も漢方には興味があるので、これから意識して取り組んでいきたいと思います。

漢方では、人の身体は「気・血・水」の3つで構成されていると考えます。
「気」は、目には見えないけれど生命活動の根源となるエネルギーのようなもので、「気」に異常が起こると、イライラや不眠などが現れます。
「病気」は、「気が病んでいる」状態で、病気が治ると「元気(=もとの気)」になります。
気功は、「気を積み重ねる」という意味で、体内にある「気」を集め、循環させたり、排出させたりすることで、免疫力や自然治癒力を高め、健康を維持するための方法です。

人体の「気」は、父母からもらった先天の精気と、飲食物から得た栄養物質(穀気)、そして自然界から取り入れた清気(酸素)によって作られると考えられています。
先天の精気は変えることはできませんが、食べ物や呼吸なら意識して調節することは可能ですねni

まずは、精神を集中し、呼吸をととのえることから始めましょうheart
気の巡りが良くなれば血の巡りも良くなり、栄養素の吸収も高まります。
血の巡りが良くなれば、性ホルモン分泌も活発になり、生殖器官へ送られる血液の量も増えるとの考えから、不妊治療に気功を取り入れている人もいるそうです。
朝起きたら、「世界中の空気を全部吸い込んでやる!」ぐらいの気持ちで、大きく深呼吸し、1日の新しいスタートを切りましょう

 

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2018.05.17更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

明日5月18日は「18リットル缶の日」です。
全国18リットル缶工業組合連合会によって2000年に制定されました。
18リットル缶(一斗缶)は、以前は「5ガロン缶」と呼ばれていましたが、「18リットル缶」に統一されたことから、5ガロンの5と18リットルの18に因んで5月18日を記念日としたそうですnyan

一般の家庭で18リットル缶を利用することはほとんどないので、イメージが湧きにくいと思いますが、大量調理の現場ではよくお目にかかります。
食用油や醤油、洗剤など、使用頻度が高くて買い置きの可能な物は、18リットル缶入りが多いです。
なぜ18リットルなのか不思議に思っていたのですが、液体を入れて人が運べる最大容量だからというのが理由だそうです。
確かに、容器込みで18~20㎏なら、運べますね笑う
また、材質はスチールなので丈夫だしリサイクルができる、四角なので積み上げて保管や輸送ができるなど、メリットがたくさんありますheart3

「斗」は尺貫法における体積(容積)の単位です。
日本では、明治時代に1斗=約18.039リットルと定められました。
今ではほとんど使われない単位ですが、同じ尺貫法の「升」は「一升瓶」でお馴染みですね。
1斗=10升なので、1升=約1.8039リットルです。

 

ここで、食べ物の数え方(単位)についての問題です
次の食べ物の数え方を答えてください。
① 豆腐
② ざる蕎麦
➂ 羊羹
④ 枝豆
⑤ たらこ

 

 

 

お分かりになりましたか?
答えは、


①1丁、2丁・・・
②1枚、2枚・・・
➂1棹、2棹(さお)・・・
④1莢、2莢(さや)・・・
⑤1腹、2腹(はら)・・・

もちろん、切ったり皮をむいたりすると数え方は変わりますが、それぞれの食品の特徴をよく捉えた数え方ですねglitter
日本独特の味わいのある言葉を大切にしたいと思いますnico

 

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg