クリニックBlog

2017.12.21更新

こんにちはflower2
管理栄養士の花田です。

今年も残すところ10日。
御堂筋のイルミネーションglitterが美しく、今年から来年への道を飾ってくれているようですnico

年末年始は、忘年会、クリスマス、お正月…とたくさんのイベントが続き、楽しみな反面、体重が気になりますね。

私は、子どもの頃、太っていたので、今も体重増加には敏感になってしまいますshun
日本人女性は「やせ願望」の強い人が多いと言われますが、実際にはどうなのでしょう

ここで、身長や体重、体型についてのアンケートの一部をご紹介します。
身長と体重は実測値からBMIを計算し、体型については「やせ気味・普通・太り気味」の3つから選択していただきました。

BMI(BODY MASS INDEX)は、[体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)]で求められます。
BMIの適正値は18.5以上25未満で、18.5未満は低体重25以上は肥満と分類されます。

その結果、実際のBMIとご自身のボディイメージに乖離がある方が多く見受けられました。
何名か例を挙げてみましょう。

自分は「太り気味」だと答えられた方の実際のBMIを計算してみると
身長:149.0㎝、体重:49.0㎏ ⇒ BMI:22.1
身長:151.0㎝、体重:49.0㎏ ⇒ BMI:21.5
身長:159.0㎝、体重:59.0㎏ ⇒ BMI:23.3
身長:166.0㎝、体重:56.0㎏ ⇒ BMI:20.3
身長:166.0㎝、体重:68.0㎏ ⇒ BMI:24.7
どの方も「適正体重」です。

自分は「普通」だと答えられた方の実際のBMIを計算してみると
身長:153.0㎝、体重:43.0㎏ ⇒ BMI:18.4
身長:155.0㎝、体重:41.0㎏ ⇒ BMI:17.1
身長:157.0㎝、体重:44.0㎏ ⇒ BMI:17.8
身長:161.0㎝、体重:45.0㎏ ⇒ BMI:17.3
身長:163.0㎝、体重:44.0㎏ ⇒ BMI:16.5
どの方も「低体重」です。

もちろん、ほとんどの方が、ご自身のBMIに合ったボディイメージをお持ちですが、「やせている方が美しい」という風潮が日本ではまだまだ根強いのかもしれませんun

フランスでは、今年の5月に、極端に痩せているモデルの活動を禁止する法律が施行されました。
また、10月には、商業写真のモデルの体型を写真加工ソフトを用いて修正した場合、「photographie retouchée(修正写真)」というマークをつけることを義務づける法律が施行されました。

以前のブログで、「妊娠に適したBMIは20~24、最も理想的なのは21」という米国の調査結果をお知らせしましたが、過度の低体重は不妊症の原因になります。
脂肪細胞には身体の仕組みを支える重要な役割があり、ある程度の脂肪が蓄えられてないと、間脳の視床下部からの生殖に関わるホルモンの分泌が低下することが分かっています。
とかく嫌われがちな脂肪ですが、「脂肪は貯金」と考え、ボディイメージを一新していきましょうihi

 

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg