クリニックBlog

2016.06.16更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今日6月16日は「麦とろの日」です。
2001年、「麦ごはんの会」が、麦とろご飯を食べて元気に夏を乗り切ってもらおうという思いを込めて、制定しました。
「む(ぎ)=6」「とろ=10と6」の語呂合わせだそうですflair

麦とろご飯に使われる麦は、大麦を加工した押し麦です。
大麦の外皮を剥いて、水と熱を加えながらローラーで圧偏したもので、真ん中に1本茶色い線が入っているのが特徴です。
大麦については以前のブログ(栄養カウンセリング室より №18)でもご紹介していますので、よろしければお読みくださいねhappy01
大麦は「五穀の長」とも呼ばれ、食物繊維カルシウムビタミンB群などを豊富に含む滋養強壮食品です。

とろろには山芋が使われますが、こちらも以前のブログ(№27)で取り上げていますので、ぜひご覧くださいね。
山芋は昔から精のつく食材とされ、「山のうなぎ」とも呼ばれます。
ジオスゲニンという成分に強精作用がありますが、それだけではありません。
ネバネバ成分のムチンが胃腸の粘膜を保護し、でんぷん分解酸素のジアスターゼが消化を助けてくれるので、大麦の栄養素の消化吸収がスムーズに進みます。
この2つの食材は、美味しさの点でも栄養価の面でも、まさに絶妙な組み合わせと言えますねdelicious

江戸時代の将軍徳川家康は、麦飯にこだわった武将として有名です。
『徳川実記』には、家康が健康のために麦飯を好んで食べていたことが分かるエピソードが残っています。
75歳という長寿は麦飯のおかげで実現したようですね。
一方、平安時代に栄華を極めた藤原道長は重症の糖尿病だったと言われていますwobbly
口渇、多飲に加え、晩年は網膜症や感染症も併発し、敗血症のために62歳で亡くなりました。
平安時代の貴族の主食は、強飯(こわいい)を高さ10cmぐらいの円筒状に盛った高盛り飯でした。
強飯はもち米を蒸したもので、その量はなんと2合sign01
お茶碗4杯分ですsign03
道長の伯父や兄、甥も糖尿病だったそうなので、家系的な素因はあったのでしょうが、道長も麦飯を食べていれば歴史は変わっていたのかもしれません。

「麦とろの日」の今日、皆様も主食を見直されてみてはいかがでしょうか

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2016.06.02更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

遅ればせながら、韓国ドラマに魅せられ、ここ数か月、動画サイトを夢中で観ていますnote

ストーリーもおもしろいし、美男美女がたくさん登場するので、目の保養にもなりますsmile
もちろん、ドラマでは食事restaurantのシーンも多いです。
テーブルの上にいろいろな料理が所狭しと並べられ、自由に取って食べるという形式ですが、野菜料理が多いのに気付きます。

あるドラマで、「イワシの包み飯(ミョルチ サンパブ)」という料理が出てくるのですが、気になったので調べてみました。
南海地域の慶尚南道の名物料理で、カタクチイワシfishを煮込んだチゲを、ご飯といっしょにサンチュやエゴマなどの葉っぱで包んで食べる料理だそうです。

韓国料理といえば、焼肉が真っ先に思い浮かびますが、お米のご飯riceballがメインの料理も多いです。
ビビンパのようにご飯に野菜や山菜を混ぜたり、スプーンにご飯をのせてスープに浸して食べたりと、ご飯をたっぷり食べるためか、味は全般的に濃いめですねdelicious

そして、知っている人に会うと「ご飯食べた?(パン モゴッソ?)」が挨拶代わりshine
ご飯を毎日おいしく食べられることが健康の証し、食べ物は全て薬になる、というのが食に対する基本的な考え方のようです。

でも、そんな韓国でも糖尿病患者が急増しているそうですsad
お米の食べ過ぎによる炭水化物過多が原因という人もいますが、日本と同じで、昔ながらの食文化が失われてきた結果だと思います。
食生活の欧米化で、小麦粉や砂糖を使った食品が大量に出回るようになりました。
パンbread、パスタ、麺noodle、ピザ...
ケーキcake、クッキー、カステラなどのお菓子。
普段の食事は野菜たっぷりでバランスがとれていても、間食で余分に炭水化物を摂っていれば、糖尿病のリスクは当然高まるでしょうねdespair

それにしても、韓国ドラマは、交通事故car多すぎwobbly
どのドラマでも必ずと言っていいほど誰かがはねられますhospital
実際に、韓国の交通事故rvcar死亡者数(人口10万人あたり)は世界第5位で、日本の2倍以上だそうです。
糖尿病の有病率よりもこっちの方を先に何とかしないといけないのかもしれませんね。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg