クリニックBlog

2015.12.26更新

クリスマスxmasも終わり、まもなく年が改まろうとしていますfuji
もうそろそろお正月準備をしないといけませんね。

お節料理と言えば、私の楽しみは黒豆と数の子ですdelicious
いずれも「祝い肴」として一の重に詰められるものですが、それぞれ由来やいわれがあります。

黒豆・・・邪気を払い、無病息災を願う
黒色が魔除けの色とされていたことに加え、「黒く(真っ黒に日に焼けるほど健康に)まめに暮らす」という語呂合わせから。

数の子・・・子宝と子孫繁栄を祈る
数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいとの理由から。

数の子の親はニシンなのに、なぜこんな名前がついたのでしょう
ニシンの別名は「鰊(かど)」、その子なので「かどのこ」と呼ばれていたのが「数の子」に転じたと言われています。
黄金色をしていることから、「黄色いダイヤshine」とも呼ばれます。

一般的に魚卵にはプリン体が多く含まれますが、数の子は例外です。
日本痛風・核酸代謝学会が編集・監修した『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』でも、数の子は「プリン体が極めて少ない食品」に分類されています。
中サイズ 2本で8.8mg、タラコの1/5程度です。安心ですねhappy01

また、数の子の脂質の大部分はリン脂質で、その多くをホスファチジルコリンが占めます。
ホスファチジルコリンと聞くと何か特別な成分のように感じますが、以前に大豆や卵のお話に登場したレシチンのことです。
レシチンは、脳や神経組織などに多く含まれる、細胞膜の主要な構成成分です。
体内でレシチンはコリンや脂肪酸などに分解されますが、コリンは神経伝達物質の一つであるアセチルコリンの材料になります。
脂肪酸ではEPADHAの含有量が多く、青魚のサンマやマグロを上回ります。
認知症予防や記憶学習能力の向上にレシチンが効果的だとお聞きになったことがあるかもしれませんが、実はこういう理由だったのですflair

このお正月は、単なる縁起物としてだけではなく、数の子の栄養価にも注目しながら召し上がってみてくださいねnote
皆様にご利益があるように心よりお祈りいたしております。

12月28日で年内の診察は終了となります。
誠にありがとうございました。
新年の診察は1月5日からとさせていただきます。
来年も春木レディースクリニックをよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えくださいbottle

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2015.12.12更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

昨日は大荒れの天気でraintyphoon大変でしたが、今日はまた穏やかな気候が戻ってきましたねhappy01

今日12月12日は、「明太子の日」ですsign01

「明太子」といえば博多名物というイメージが大きいですが、もとは朝鮮半島のキムチ漬けが由来だそうですflair
1900年代初めに韓国から辛子明太子が山口県下関市に伝わり、1914年の今日、「明太子」という名称が初めて新聞に登場しました。
それを記念して、下関市の明太子専門業者によって「明太子の日」が制定されました。
ちなみに、1月10日も「明太子の日」で、こちらは福岡県の明太子専門業者によるそうです。

本来、「明太子」とは単に「たらこ」を指す言葉です。
韓国語で、スケトウダラfishのことを「明太(ミョンテ)」といいますが、その子である「たらこ」を表すのに「明太子」という字が日本であてられたようです。
そして、その「明太子」を唐辛子を主原料とする調味液に漬けるので、「辛子明太子」という名称になりました。

「辛子明太子」の栄養価は高く、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを多く含んでいます。
青魚ほどではありませんが、不飽和脂肪酸のDHAEPAも豊富です。
特に多いのはビタミンEで、魚の身の4~5倍も含まれています。
また、唐辛子の辛さの成分であるカプサイシンには、発汗・強心作用とともに、胃腸を刺激し、食欲を増進させる働きもあります。

心配なのは、塩分とプリン体ですねbearing
たらこを塩漬けしてから調味液に漬けるので塩分がかなり多いです。
血圧高めの人やむくみのある人は注意してください。
また、魚類は全般的にプリン体が多いですが、魚卵にも多く含まれています。
プリン体は人の体内で尿酸に代謝され、これが過剰になると高尿酸血症となり、痛風発作が起こります。
食べ物だけでなく自己の細胞からも尿酸はつくられますが、排泄能力には個人差があります。
尿酸の材料を増やさないためにも、プリン体の多い食べ物を食べすぎないように気を付けましょうnote

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg