クリニックBlog

2015.05.30更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

まずは、栄養カウンセリングのお知らせですsign01
6月から、心理カウンセリングと同様、無料になります。
栄養カウンセリングでは、日常の食事の栄養バランス、サプリメントの利用、体重管理など、様々な相談をお受けしています。
初回はもちろん、2回目以降も無料ですので、お気軽にご予約をおとりくださいね
happy01


さて、今回はカツオfishのお話です。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

みなさんよくご存知だと思いますが、江戸中期の俳人山口素堂の有名な句です。

ちょうど今の時期、初夏を、視覚・聴覚・味覚を通じて楽しませてくれるものが詠まれています。

カツオの旬は初夏と秋で、初鰹は脂が少なくさっぱりした口当たり、秋に出回る戻り鰹は脂がのって、濃厚なおいしさです。

初物好きの江戸の人々は初鰹を珍重し、かなりの高値で取り引きされていたようです。

文化9年(1812)3月25日に日本橋魚河岸へ初鰹が17本入荷した時は、6本は将軍家お買上げ、3本は八百善が買い、8本は魚屋へわたり、その中の1本を中村歌右衛門が3両で買い、大部屋の役者に振舞ったとの記述が残っているそうです。
現在の金額に換算すると、当時の1両はおよそ9万円と言われているので、最高値では1本30万円近くしたということでしょうかsign02
びっくりですねwobbly

カツオには、良質のたんぱく質がたくさん含まれていて、特に血合いには、ビタミンB12、ナイアシン、鉄、タウリンなどが豊富です。

豊富な鉄分ビタミンB12は赤血球の生成を助けてくれるので、貧血予防に効果があります。
ビタミンB群の1つであるナイアシンは、血行を促進し、心を落ち着かせてくれる栄養素です。
タウリンはアミノ酸の仲間で、血中コレステロールを抑え、動脈硬化を防ぎ、さらに肝機能強化、眼精疲労緩和と作用は多岐に渡ります。

また、ビタミンB12および亜鉛は、細胞の合成や分裂に関わるので、男性の生殖機能を維持し、造精子機能や精子運動率を高めます。

初夏の初鰹のおいしい時期、カツオのたたきfishに身体を温める生姜をプラスして、縁起のいい初物で幸せを招きましょうheart01

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2015.05.16更新

こんにちはhappy01
管理栄養士の花田です。
雨で湿気が多く、くせ毛の私は前髪と格闘する朝が続いていますrain

さて、明日5月17日は、「高血圧の日」です。

2005年に世界高血圧リーグ(国際血圧学会の一部門)が、5月17日を「世界高血圧デー」として制定し、世界中の多くの団体が一般市民への啓発活動を行っています。
わが国では2007年に、日本高血圧学会と日本高血圧協会が、同日を「高血圧の日」と制定しました。

一般に、収縮期血圧が140mmHg以上、あるいは拡張期血圧が90mmHg以上である場合、高血圧症と診断されますsad

高血圧には、肥満や飲酒、喫煙、ストレス、塩分過剰、加齢、遺伝的要因などが様々に関係しており、その原因が特定できない本態性高血圧が90%を占めます。
高血圧は自覚症状がなく進行し、脳卒中や心臓病など死に至る病気を引き起こすため、「サイレントキラー」とも呼ばれます。

高血圧は、妊娠にも大きな影響を与えます。
妊娠前は正常血圧だったのに妊娠後に高血圧になるケースがあり、「妊娠高血圧症候群」と診断されます。
かつては、妊娠中毒症と呼ばれていましたが、その症状のうち、妊娠の継続に直接関係するのは高血圧であることが分かってきたため、病名や診断基準も変更されましたflair
これは、胎盤の血管がうまくつくられず、胎児への血流が不足することが原因だと考えられています。
重症化すると、けいれん発作、脳出血、肝・腎機能障害、胎児の発育不全、常位胎盤早期剥離など様々な合併症につながるので、妊娠前からの健康管理の重要性が叫ばれています。
もともと血圧が高めの人はリスクも高いので、気を付けたいですね。

妊娠高血圧症候群は近年増加傾向にあります。
妊娠中も楽しく安心して過ごせるように、ご自分の通常の血圧や遺伝的要因を知り、生活習慣を振り返ってみましょうclover

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2015.05.02更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

連休1日目、駅は旅行客でいっぱいです。
皆さんも楽しい休日をお過ごしでしょうねhappy01

さて、今日5月2日は、「緑茶の日」(うるう年は5月1日)です。
茶摘み歌に出てくるように、八十八夜(立春から88日目)の今日は、新茶の収穫の最盛期になります。
また、かつての「みどりの日(4月29日)」に因んで、4月29日~5月5日は「緑茶週間」とされています。
GWはゴールデンウィークだけでなくグリーンティウィークでもあったのですねflair

八十八夜の新茶は味がよく、不老不死の「仙薬」と呼ばれるほど栄養価も高く、これを飲むと長生きすると言われています。

緑茶の成分の中で注目すべきものは、カテキンですね。
これは、茶葉に含まれるポリフェノールの一種で、渋み成分です。
カテキンには、抗酸化作用、抗菌作用、血糖上昇抑制作用、抗アレルギー作用、虫歯予防効果などがあると言われています。
また、脂肪の吸収を穏やかにし、体脂肪を減らす効果もあるということで、特定保健用食品(トクホ)の関与成分ともなっています。

カテキンは酸化されやすく、発酵によって減ってしまいますwobbly
緑茶は、製造過程で酸化酵素の働きが抑えられるので不発酵ですが、烏龍茶(半発酵)や紅茶(完全発酵)は、酸化酵素の作用で、無色であったカテキンが変化し、オレンジ~赤色となります。
烏龍茶や紅茶が赤っぽい色をしているのは、このためです。

また、緑茶の中でカテキンが多いのは煎茶や番茶です。
玉露は、茶摘みの20日ほど前から遮光して栽培されるので、カテキンの生成が抑えられます。
カテキンは低温では抽出されにくいので、湯温を高めにして煎れるといいですが、玉露などは渋みを抑えて旨みを楽しむために50~60度の低めの温度で煎れるとおいしいですjapanesetea

カテキンはさておき、カフェインも気掛かりですが、煎茶や番茶ならコーヒーの1/3ぐらいなので、大量に飲まなければ問題ありません。
気になる方は量を少なめにしつつ、新茶の香りとおいしさを楽しんでくださいねnote

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg