クリニックBlog

2014.12.27更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

2014年も残すところわずか、新しい年が近づいていますclover
みなさまのご家庭では、大晦日に年越しそばを召し上がりますか?

年越しそばの風習は、江戸時代中期頃から始まったそうです。
当時は、「そば餅」や「そばがき」として食べるのが一般的で、今のような麺状のものは、「そば切り」と呼ばれていました。

年越しそばの由来は諸説ありますが、「そば切りは細く長く伸びるので、長寿や身代が細く長く延びることを願って」とか、「そばは切れやすいから、旧年の労苦や災厄をきれいさっぱり切り捨てられるように願って」という説が知られています。
また、金銀細工師が散らかった金粉を集めるのにそば粉を使ったことから、金を集めるdollar縁起で始まったという説もあります。

そばには、ポリフェノールの一種であるルチンが含まれています。
ルチンはビタミンPとも呼ばれ、、その抗酸化作用によって毛細血管の弾力性を保つので、動脈硬化の予防や高血圧の改善に役立ち、血糖値の上昇を抑える効果があると言われますshine
でも、残念なことに、ルチンは水溶性なので、そばをゆでる時にゆで汁に出ていってしまいますbearing
そこで、そば湯japaneseteaを飲むことで、無駄なくルチンを摂れるというわけです。(全部は飲めませんが)

市販のそばは様々ですが、そば粉は粘りが少ないので、つなぎとして小麦粉が加えられているものが多いです。
そば粉100%のものは「十割そば」と呼ばれ、品質も高いですgood
小麦粉とそば粉の割合が2:8のものは「二八そば」と呼ばれます。
「逆二八そば」というものもありますが、そばの歯ごたえが苦手な人にはいいかもしれません。

今年の大晦日は、是非そばの品質にもこだわってみてくださいねnote
おいしい年越しそばで、みなさまが、今年の災厄を断ち切り、来年も末長く幸せに包まれることを心よりお祈りいたしておりますhappy01


本日で年内の診察は終了となります。
誠にありがとうございました。
新年の診察は1月6日午前9時からとさせていただきます。
来年も春木レディースクリニックをよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えくださいfuji

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2014.12.13更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

ずいぶん寒くなって、鍋物のおいしい季節になりましたねhappy01
野菜がたっぷり食べられる鍋物は、冬を元気に乗り切るには欠かせませんねnote

さて、今日12月13日は、「ビタミンの日」です。

1911年のこの日、世界で初めてビタミンの抽出に成功した鈴木梅太郎博士が、その論文を東京化学会にて発表しました。

鈴木博士は、米ぬかに脚気を防ぐ成分が含まれることを発見し、その抽出に成功し、「オリザニン」と命名しました。
これが、現在ではビタミンB1と呼ばれているものです。
でも、残念なことに、農家出身の農芸化学者である鈴木博士の論文は当時の医学界には受け入れられませんでしたsad
その翌年、ポーランド出身の医学者のフランクが、米ぬかから脚気に有効な成分を抽出することに成功し、これを「ビタミン」と命名しました。
後にこの2つは同じ物質だと分かりましたが、鈴木博士は日本語での論文しか発表しておらず、日本国内の医学界でも認められていなかったため、世界的にはフランクがビタミンの発見者とされ、名称もビタミンが定着しました。

脚気は、ビタミンB1の欠乏によって心不全や末梢神経障害をきたす病気です。
江戸時代に白米が庶民にも食べられるようになり、江戸を中心に急激に患者が増えたことから、「江戸わずらい」とも呼ばれます。
現代では、ジャンクフードやアルコールbeerの多量摂取でビタミンB1が欠乏し、脚気にかかる人が少なくないそうです。
ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるのを助けるので、不足すると脚気にはならないまでも、疲労感や倦怠感が強くなりますshock

ビタミンB1は、玄米や小麦全粒粉、豚肉に多く含まれていますpig
また、ニンニク、ニラ、ネギ、玉ねぎなどに含まれるアリシンという物質は、ビタミンB1の吸収を助けてくれますdelicious

「ビタミンの日」の今日、みなさんもご自身の食生活を見直してみませんか?

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg