クリニックBlog

2016.07.25更新

こんにちは、遺伝カウンセラーの橋谷ですconfident

今日は、すこし不思議なお話ですjapanesetea



生き物にとって、育つ環境が遺伝と同じくらい重要なことは、皆さんご存知の通りです。

環境の違いによって、身長体重病気のかかりやすさなどに大きな差が生じることもよくあります。

が、遺伝子の情報が全く同じ一卵性双生児では、どうでしょうか?

環境が変わっても、やはり遺伝情報が同じなんだから、同じじゃないの???


・・・実は、同じではないのですcatface

正確には、歳を経るごとに、一卵性双生児の遺伝情報には「あるちがい」が蓄積されていき、
それが結果として双子のちがいになっていくということが分かってきましたeye


あるちがい」は「DNAのメチル化」という現象ですshine

少し難しいようですが、つまりは、

DNAがメチル化されると、その部分の遺伝子は読み取ることが出来なくなります。(=遺伝子が封印される)

一卵性双生児のDNAを調べると、二人のメチル化されたDNAの場所は、歳を重ねるごとに異なっていたということです。

また、環境が異なっていればいるほど、その差は大きかったということもわかり、

DNAのメチル化には環境が何らかの形で影響しているらしいということも分かってきましたeye



親から受け継いだDNAが左右するのは、あくまでも"素質"

それが活かされるかは、育つ環境次第と言えるかもしれませんねgemini



遺伝子の不思議、自分の体の中にあるものなのに、中々知る機会は少ないですよね。

遺伝子検査や遺伝に関連した事...家系に関したこと...

疑問を持たれましたら、診察の合間に、どうぞ遺伝カウンセリングルームをお訪ねくださいcute

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2016.07.04更新

こんにちは、遺伝カウンセラーの橋谷ですconfident

連日、とても暑い日が続きますねsun

そして。。。薄着の季節がやってきます


簡単にできる腹筋マシーンを去年購入したのですが、たまに思い出したようにつかっているだけなので、
二の腕のプルプル&下腹部のポッコリとまだおさらばできていません。。。crying

そんな季節にぴったり(?)な遺伝のハナシをひとつ


「日本人は欧米人より肥満になりやすい。」

えっ?

と思われた方も多いかもしれません。

肥満に関係する遺伝子の一つに、
「ベータ3アドレナリン受容体」遺伝子というものがあります。

ちょっと難しそうですが、つまり、このベータ3アドレナリン受容体が脂肪を蓄える細胞にあり、これがよく働くと、脂肪が燃焼されます。

でも働きが悪いと。。。
その細胞は油滴をため込んでしまい、結果として肥満傾向になるということが知られていますcoldsweats02

日本人は、この「ベータ3アドレナリン受容体」遺伝子
について、欧米人に比べて働きの悪い受容体をつくる型を持つ傾向にあるのです。

このため、日本人が全く欧米型の食生活をしてしまうと、肥満になりやすいのですsweat01

もちろん、これは傾向ですので、そうでない方もおられますし、
肥満に関する遺伝子(しかもまだ発見途上で、更新され続けています)はほかにも多数ありますdiamond

が、日本人が伝統的にヘルシーな食事riceballを選んでいたのも、
もしかしたら遺伝子の仕業。。。なのかもしれませんねdelicious

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg