クリニックBlog

2017.07.20更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、ビタミン様物質の3つめとして、ビタミンUのお話です。

ビタミンUは、アミノ酸の一種であるメチオニンの誘導体であり、化学名はメチルメチオニンスルホニウムクロリドと言い、S-メチルメチオニンと表記されることもあります。
消化性潰瘍を防ぐ因子としてキャベツの絞り汁から発見されたため、キャベジンとも呼ばれています。
ビタミンUの「U」は、潰瘍を表す英語「ulcer」の頭文字をとったものです。

ビタミンUは、胃粘液の分泌を促し、胃の血流量を増加させる働きがあり、これによって胃粘膜を保護したり胃粘膜を修復したりする効果が認められています。
そのため、胃腸薬に配合され、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防・改善にも用いられていますflair

さらに、ビタミンUは慢性肝疾患における肝機能の改善にも役立つと言われています。
肝臓での脂質代謝を改善して脂質を減少させ、脂肪肝を予防する働きも認められていますflair

ビタミンUは、キャベツ以外には、レタス、セロリ、パセリ、アスパラガス、ブロッコリーcloverなどの野菜に多く、青のり、牛乳、卵にも含まれています。
熱に弱く、水溶性なので、加熱や水さらしはなるべく避けた方がいいですねhappy01
酸には強いので、マヨネーズやドレッシングなどは気にしなくても大丈夫ですnotes
肉料理やフライの付け合わせとしてキャベツの千切りが添えられていることが多いですが、まさにぴったりの組み合わせと言えますscissors

キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜には、ビタミンU以外にも、グルコシノレートという成分が含まれ、調理や消化の過程でイソチオシアネートに分解されます。
イソチオシアネートは、大根のピリリとした刺激や、ワサビの独特のツンとした香りの元となる成分で、殺菌作用血小板凝集抑制作用がん抑制作用などが期待されています。

今夏はスーパー猛暑sunという予報ですが、野菜をしっかり食べて乗り切りたいですねheart04


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg