クリニックBlog

2016.09.15更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

骨に関係のあるミネラルの第3弾、今回はリンのお話ですhappy01

リンはカルシウムの次に多いミネラルで、体内の約80%はカルシウムとともにドロキシアパタイトとして骨や歯の成分となっています。
残りは、筋肉、脳、神経、肝臓に存在し、生体膜のリン脂質核酸(RNA、DNA)成分、ATPなどの高エネルギーリン酸化合物補酵素の成分として、エネルギー代謝や脂質代謝などに重要な役割を担っています。
よって、リンが欠乏すると、骨や歯の脆弱化、代謝異常などを起こしますが、様々な食品に含まれるミネラルなので、通常は不足することはありません。
むしろ、食品添加物のリン酸塩として広く使用されているので摂取過剰が懸念されますwobbly

マグネシウムがカルシウム代謝と関係しているのと同様、リンもカルシウムと深く関わっていて、リンの過剰はカルシウムの吸収を妨げ、骨量や骨密度の減少を招きます
スナック菓子、清涼飲料水、インスタント食品noodle、ファストフードfastfoodなど、加工食品や外食に偏りがちな場合は、食品添加物からのリンの摂取量が多い可能性があるので、注意してくださいねdanger
食品表示としては、「リン酸塩」「リン酸Na」「メタリン酸」「ポリリン酸」などの物質名で記載されている場合もあるし、「酸味料」や「㏗調整剤」「乳化剤」「膨張剤」などと書かれているものの中に、リンが含まれていることもあります。
もちろん、食品添加物は法的に使用量が規定されているので、人体に影響はありませんが、カルシウムとのバランスという点では気を付けたいですね。

カルシウムとリンの摂取比は1:1~1:2が理想ですが、現代の食生活では1:3ぐらいになっている人もいるのではないかと言われていますflair
加工食品や外食は忙しい毎日の強い味方ですから、使わない手はありません。
それらを適度に利用しながら、ミネラルバランスのよい食生活を心がけましょうnote


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2016.09.01更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

夜には虫の声も聞こえるようになり、少し秋めいてきましたねhappy01

さて、鉄、銅などミネラルについてのお話が続いていますが、今回はマグネシウムです。

骨と言えばカルシウムというイメージが強いですが、マグネシウムも骨の主要な成分で、体内のマグネシウムの約60%が骨に存在し、弾力性を与えています。
また、マグネシウムは、体内の約300種類以上の酵素の働きを助けたり、細胞の浸透圧や体液のpHを調節したりして、身体の機能を守っています。

マグネシウムの役割のうち、最も重要なのはカルシウムの働きを正常に保つことです。
筋肉の収縮にはカルシウムが関わっていますが、マグネシウムがその濃度を調節するので、不足すると、痙攣やふるえ、こむら返りなどの原因となりますcoldsweats02
また、カルシウムには血管を収縮させる働きがあり、さらに、カルシウムが血管の細胞に沈着することで高血圧動脈硬化が進んでしまいますdespair
マグネシウムはこれらを抑えてくれるので、不足すると、心筋や血管平滑筋の機能が低下し、高血圧だけでなく、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患のリスクも高まりますsad

カルシウムが不足すると、イライラしたり精神不安定になったりしますが、それは、カルシウムが神経伝達に関わっているからです。
マグネシウムは、そのカルシウムの機能を正常に保ち、マグネシウム自身も神経の興奮を鎮めるのを助けるので、「抗ストレスミネラル」とも呼ばれていますnote

マグネシウムを多く含むのは、玄米や雑穀riceball、豆類、海藻、カカオアーモンドなどです。
豆腐凝固剤のにがりの主成分もマグネシウムなので、通常の食事をしていれば不足はないでしょう。
ただし、カルシウムを摂りすぎるとマグネシウムの吸収率が低下し、逆にマグネシウムを多量に摂るとお腹がゆるくなることもあるので、注意しましょうdanger(マグネシウムは便秘薬としても利用されます)
サプリメントなどで補うときは、カルシウム:マグネシウム=2:1~3:1を目安にしてくださいねflair


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg