クリニックBlog

2016.08.18更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、貧血に関係のあるミネラルの二つめ、のお話です。

貧血というと真っ先に鉄不足が思い浮かびますが、ヘモグロビン合成には銅が不可欠です。
銅によって、鉄の吸収が促進され、鉄が利用しやすい形に変換されるので、銅が不足するとヘモグロビンがつくれなくなってしまいます。

また、銅は体内の多くの酵素の材料であり、活性酸素を除去したり、皮膚や骨を構成するコラーゲンエラスチンの生成、神経伝達物質のノルアドレナリンの生成にも関わります。

メラニン色素をつくるのに必要な酵素であるチロシナーゼにも銅が含まれています。
メラニンは、チロシンというアミノ酸にチロシナーゼが作用して生成されるのですが、銅不足により酵素がつくられないと、皮膚や毛髪、眼の色に影響を与えます。
メラニンは、シミやそばかすの原因としては迷惑な存在ですが、紫外線から皮膚を守り、毛髪の色を保つ働きをしてくれます。

銅は、レバーやfish魚介類cancer、ナッツ、大豆、ココアcafeなどに多く含まれています。
様々な食品に含まれるので、通常の食生活で不足することはまずありません。
逆に、サプリメントなどで摂りすぎると、ミネラルバランスを崩してしまう危険性もありますsad

体内では、ミネラル同士がバランスをとりながら存在しています。
亜鉛や鉄の摂りすぎによって、銅の吸収が阻害されたり、排泄量が増えたりすることも分かってきていますflair
特に、亜鉛については、過剰摂取が原因と思われる貧血や神経障害などの事例が英医学誌「Journal of Clinical Pathology」で報告されましたwobbly
亜鉛サプリメントを利用されている男性も多いと思いますが、食事摂取基準における耐用上限量(45㎎/日)を超えないように注意してくださいね。


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2016.08.04更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、このところ栄養カウンセリングで話題になることが多い貧血のお話です。

血液中の赤血球は身体各部に酸素を運ぶ働きをしていますが、赤血球や血色素のヘモグロビンが不足した状態を貧血といいます。

貧血の中で最も多いのが「鉄欠乏性貧血」で、全体の80~90%を占めます。
この他、ビタミンB12や葉酸欠乏による「巨赤芽球性貧血」、赤血球の破壊によって起こる「溶血性貧血」、骨髄で血球成分がつくれなくなる「再生不良性貧血」などがあります。
血液検査の項目に、赤血球数、血色素量(ヘモグロビン値)、ヘマトクリット値、赤血球恒数(MCV、MCH、MCHC)などがありますが、これらを総合してどのタイプの貧血か診断しますflair

ヘモグロビンは、グロビンというタンパク質と赤色素ヘムが結合したもので、ヘムには鉄が含まれます。つまり、赤血球は、タンパク質と鉄でできているということですね。

鉄を多く含む食品としては、レバー、牛肉、いわし、ひじき、のり、プルーンなどがありますが、実際のところ、鉄の吸収率は低く、15%程度と言われますwobbly
特に、海藻や野菜、牛乳、卵などに含まれる「非へム鉄」は吸収率が低く、肉taurusや赤身魚fishに含まれる「へム鉄」の半分以下です。

鉄の吸収を高めるには、ビタミンC動物性タンパク質クエン酸と一緒に摂るのがおすすめです。
鉄製の調理器具は、イオン化した鉄が食品に移行するので、鉄分補給に役立ちます。
逆に、吸収を妨げるのはお茶japaneseteaに含まれるタンニンですが、1~2杯なら影響ないそうです。

食事からの鉄の摂取が難しい場合は、鉄剤やサプリメントを利用されてもいいでしょうhappy01
ご自身のお身体の周期や食生活に合わせて、足りないときだけ飲む、という方法で調節されるのがベストですねheart02


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg