クリニックBlog

2016.05.26更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

5月に入って、食中毒に関するニュースが相次いでいますwobbly
1つめは、東京と福岡で開催されたイベントで、鶏ささみのお寿司を食べて、カンピロバクターに感染した集団食中毒です。
もう1つは、アメリカから輸入した冷凍野菜がリステリア菌に汚染されている可能性があるとして、国内の大手食品メーカーが自主回収を行っている件です。

時期的に食中毒が増えてくるので、皆様も充分に注意なさってくださいねdanger
妊娠中は免疫力が低下し、食中毒にかかりやすくなりますし、かかった場合、嘔吐や下痢によって子宮収縮が誘発され、流産や早産を起こす危険性もあります。
いつ妊娠しても大丈夫なように、体調を万全にしておきましょうhappy01

カンピロバクター食中毒は、生や加熱不足の鶏肉や牛レバーを主な原因食品とし、国内での発生件数が最も多い食中毒です。
妊婦が感染した場合、胎児への直接的な影響は少ないとされますが、母子感染による新生児髄膜炎が国内において過去約 20年で 23件報告され、脳性まひなどの障害が残った例もあります。

リステリア菌は、河川水や動物の腸管内などに広く分布する細菌で、海外では集団食中毒の事例が多数報告されています。
国内では、年間の推定患者数は200人と言われ、乳製品や食肉・魚介類加工品などから、わずかではありますが、菌が検出されています。
感染しても重症化することは稀ですが、妊婦の場合、母体は軽い風邪様症状でも、胎盤や胎児に感染し、流産や早産、新生児リステリア症などを起こす可能性があります。

いずれの菌も熱に弱く、他の食中毒菌と同様、75℃以上1分間の加熱で死滅します。
生肉は避け、輸入品のナチュラルチーズ、食肉加工品、スモークサーモンなどは、直前にしっかり加熱するようにしましょう。
プロセスチーズは製造過程で加熱されているので大丈夫です。
パッケージに「加熱食肉製品」「包装後加熱」などと記載がある場合も加熱は不要です。
食品表示をよく見て、食べるようにしましょうdelicious


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2016.05.12更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

しばらく雨模様rainでしたが、今日は久しぶりにいいお天気で、気分もスッキリしますねhappy01

今回は、患者様から質問のあった高麗人参についてのお話です。
不妊治療に効果があると言われているとのことですが、実際はどうなのでしょう

高麗人参は、朝鮮人参」オタネニンジン」とも呼ばれ、中国では「人参」という生薬名で強壮剤として古くから珍重されてきました。
枝分かれした根の形が人の姿を思わせることがその名の由来ですが、野菜の人参(セリ科)とは違い、ウコギ科の植物です。

高麗人参にはサポニン(ジンセノシド)が豊富に含まれ、これが一番の薬効成分とされます。
主な効能は、強精、強壮、疲労回復、健胃、精神安定ですが、近年の研究では、認識能力の向上2型糖尿病における空腹時血糖値低下やインスリン抵抗性の改善勃起不全(ED)などに対する有効性を示唆する結果も得られています。

女性においては、更年期障害の緩和を示唆する研究結果が一部見られますが、不妊治療への直接的な効果は、残念ながら、今のところ実証されていませんsad
ジンセノシドには女性ホルモン様作用があるので、それが不妊治療に関連付けられたのだと思いますが、漢方薬を多用する中国や韓国でも不妊症は増えているし、不妊治療での漢方処方例にも高麗人参を積極的に利用しているケースは見当たりませんでしたwobbly
逆に、国立健康・栄養研究所では、「乳がん・子宮がん・卵巣がん・子宮内膜症・子宮筋腫の患者は摂取を避けた方がよい」として、高麗人参の多量摂取による婦人科系疾患の進行を懸念しています。

高麗人参は、補気薬として主に虚証タイプの人に用いられ、温経湯柴苓湯補中益気湯などに配合されています。
血気盛んな実証タイプの人が多量に摂取すると副作用のおそれがあるので、必ず医師や薬剤師の指示に従ってください。
健康食品については効果やリスクは不明です。
信頼できるメーカーのものを選びましょうnote


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg