クリニックBlog

2015.08.22更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は栄養カウンセリングでも質問の多いマカについてのお話です。

マカは、南米ペルー原産のアブラナ科の多年草で、カブに似た根の部分が薬用または食用とされています。
男女ともに強壮作用があるといわれますが、科学的には解明されているのでしょうか

実際の臨床試験の結果を見てみると・・・
・健康な男性56名(21~56歳)を対象として、1.5または3g/日のマカを12週間摂取させたところ、血中の性ホルモン濃度に影響はなかったが、性欲を改善することが示唆された。
・抗うつ薬の副作用として生じる女性の性機能不全症に対して、マカ投与による改善効果が見られた。
などの報告があります。
女性の更年期障害の緩和を示唆する研究結果もいくつか見られますが、まだ十分とは言えません。
わが国の国立健康・栄養研究所の見解としては、マカの摂取が性機能改善に与える影響については、質の高いデータが不足しており判断できない、とのことです。

マカの栄養成分については分析が進んでおり、必須アミノ酸不飽和脂肪酸カルシウムなどのミネラルをはじめとして、グルコシノレート類イソチオシアネート類アルカロイド類ステロールなども含むことが分かっています。
特に、必須アミノ酸では、成長ホルモンの分泌を促進すると言われるアルギニンが多く、また、有効成分として、不飽和脂肪酸のマカエンマカミドも注目されています。

このように、マカは、栄養成分に優れ、滋養強壮作用の期待できる植物ですが、健康食品やサプリメントでも同じ効果が得られるかどうかは何とも言えませんtyphoon
現地では、そのまま煮込み料理やソテー、ジュースとして利用するそうですが、健康食品に加工されると、栄養成分は保持されるのか、不純物が混入しないか、成分の配合割合は十分か、価格は適正か、など不安な点がたくさん生じますsad
天然原料の健康食品だからと言って身体にいいとは限らないので、信頼できるメーカーの商品をお求めくださいねhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2015.08.08更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

エネルギー代謝に関わる成分を順にご紹介していますが、
L-カルニチン、α-リポ酸に続き、今回はコエンザイムQ10(CoQ10)のお話です。

CoQ10は、ユビキノンとよばれ、体内でも合成されるビタミン様物質です。
変わった名前のように感じますが、「コエンザイム」は「補酵素」、「Q」は「キノンquinone」、「10」は構造中のイソプレンという側鎖の数を表す、化学の単純な呼び名ですflair
「ユビキノン」の「ユビ」は、IT関連の「ユビキタス」という言葉と同様、「どこにでも存在する」という意味で、実際に人体のあらゆる細胞に存在し、エネルギー代謝を助けています。

体内では、特に心臓に多く存在し、心筋細胞内のミトコンドリアに取り込まれた後、心筋での酸素利用効率を高め、エネルギー産生を促進します。
このような働きから、1973年には、心筋機能の改善のための心不全治療薬として認可され、1991年には一般市販薬として販売開始、2001年には健康食品への使用が可能になりました。

CoQ10の効果としては、この他、抗酸化作用、美肌効果などが言われています。
生殖分野では男性機能の改善の報告はあるものの、明確なエビデンスの確立は今後の研究がまたれます。

CoQ10は、肉類、イワシやサバなどの魚、ブロッコリー、大豆やピーナッツなどに含まれています。
脂溶性の物質なので、油と一緒に摂ると吸収率が高まりますし、同時に、CoQ10が、植物油に含まれるビタミンEの抗酸化作用を高めてもくれますnote

健康食品で手軽に摂るのもいいですが、医薬品として推奨される服用量は1日30mgなのに対し、健康食品の含有量は30~300mg(米国製では100~1200mg)とバラつきがあります。
一般に高用量でも副作用が出にくく、安全性が高いと考えられる成分ですが、必要量や摂取上限量はまだ策定されていないので、過剰摂取には注意してくださいねhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
6月から、初回だけでなく2回目以降も無料になりました。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg