クリニックBlog

2015.02.21更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

栄養カウンセリングでは、お酒barについての話題もよく出ます。
妊娠とアルコールの関係については様々な意見がありますが、
○か×かは今のところ分かっていません。

厚生労働省のガイドラインでは、アルコールの適量は1日20gとされています。
これは、ビールbeer500ml、日本酒bottle1合、ワインwine200ml、焼酎90mlぐらいに相当します。

欧米の研究では、次のような結果が出ています。
飲酒量が適量以上になると受胎能力に影響を及ぼし、妊娠率が2分の1になる。
毎日飲酒する女性は流産の確率が2.5倍以上になる。(喫煙が加わると4倍以上)
過度の飲酒は奇形精子の増加・勃起能力の低下・生理不順・排卵障害を起こす原因となる。
夫婦ともに週に6単位(60g)以上のアルコールを飲むと、体外受精で妊娠、出産に至る確率が25%低下する。

一方では、適量ならば問題ない、逆に、妊娠率を高めるというデータもあり、どれを参考にすればいいのか迷うところですdespair

当院で治療に成功された患者様の中には、月に1~2回、週に1~2回のみならず、ほぼ毎日お酒barを飲まれていた方もいらっしゃいます。
飲酒を勧めるわけではありませんが、アルコールの感受性や処理能力には個人差があるし、アルコール以外の要因が妊娠に与える影響の方が大きいのかもしれませんthink

ただし、妊娠してからの飲酒は、胎児の奇形と脳障害を起こす「胎児性アルコール症候群」のリスクを高めるので、避けてくださいbearing
また、アルコールを分解するのに必要なエネルギーや肝臓への負担、分解されるときにできる物質などが、間接的に生殖機能に影響することは考えられますflair
ですから、リスクを最小限にとどめるために、ストレスにならない程度に少しずつ飲酒量を減らしていくのがいいと言えるでしょうhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
料金:1回 1500円(50分)
初回の方は、ファーストインタビューを無料で行いますので、お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2015.02.07更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

先日の節分では、豆まきをされましたか
豆まきに使う豆は大豆を煎ったもので、まいた後に拾い集めて、自分の年の数だけ食べるとよいと言われていますgemini

大豆の健康効果は高く、イソフラボンを意識して摂っていらっしゃる方も多いと思います。
でも、近年、この効果には個人差が非常に大きいことが分かってきましたclover

大豆イソフラボンには12種類あり、そのうちの吸収しにくい型のものは、腸内細菌によって吸収しやすい型に変えられます。
また、吸収しやすい型の「ダイゼイン」は、さらに腸内細菌によってエクオールへと変換されることで、効率よく吸収、利用されます。

でも、このエクオール産生菌は、すべての人に存在するとは限らないそうですweep
エクオールをつくれる人の割合は、日本人では50~60%、欧米人では20~30%と言われ、同じ日本でも地域によって差が見られます。
関東では50%近く、中部や九州では40%前後なのに比べ、関西では約33%と低めですsad
世代間でみると、20代は少なく、約20~30%程度という報告もあります。
納豆をはじめとする大豆製品の摂取量が関係しているのでしょうね。
さらに、日本人を対象とした研究では、緑茶japaneseteaをよく飲む人はつくれる人が多いが、喫煙者smokingや乳製品をよく食べる人にはつくれない人が多いという結果も出ています。

ただし、エクオール産生菌が存在しても、腸内環境が悪くて活動が妨げられたり、大豆製品を食べないので力を発揮できないケースもあります。

「腸は第二の脳」と言われますが、こんなところにもその大切さが表れていますねflair
腸の細胞の生まれ変わるサイクルは速く、わずか3~5日だそうです。
日々の食生活を見直し、腸内環境を改善していきましょうhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
料金:1回 1500円(50分)
初回の方は、ファーストインタビューを無料で行いますので、お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg