クリニックBlog

2014.12.20更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今年は例年にない寒さで、体調管理も大変ですsweat01
冷たい風に負けないように体を温める食べ物を味方につけましょう。

漢方では、食材が体に入ったときの寒熱性によって、食べ物を「寒・涼・温・熱」の4つに分類します。
これを「四気(四性)」といい、どれにも属さない「平」を入れて「五性」とする場合もあります。
一般に、青・白・緑色で南方産、夏が旬の食べ物や精製された食べ物は身体を冷やし、
逆に、赤・黒・橙で北方産、冬が旬の食べ物や未精製の食べ物は身体を温めるとされます。

たとえば、パイナップル、トマト、白砂糖などは体を冷やし、玄米、小松菜、さくらんぼcherryなどは冷えを防ぎます。
ただし、「冷やす・温める」の考え方は様々で、マクロビオティックやアーユルヴェーダでは分類が違っていることもあります。

「四気」は調理法や食材の組合せによっても変化します。
大根は生では「寒」に属するので、大根おろしの食べ過ぎはよくありませんが、煮て食べると「平」になり、さらに「温」の生姜とともに調理すると身体を温める料理になります。
また、「食べる」という行為そのものが体熱を産生してくれるので、「冷やす・温める」にこだわり過ぎて、好きな食べ物を我慢することは避けたいですねnote

この「四気」の分類は単なる経験知ではなく、科学的根拠も認められています。
前述の生姜ですが、生姜に含まれるジンゲロールには血管を拡張させる作用があり、血流がよくなって代謝が上がることで体が温まることが分かっていますclover

医食同源、食べ物のパワーをうまく利用してくださいねhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
料金:1回 1500円(50分)
初回の方は、ファーストインタビューを無料で行いますので、お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

2014.12.06更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、栄養カウンセリングでもよく話題に上るイソフラボンについてのお話ですrestaurant

イソフラボンは、ポリフェノールの仲間で、体内で女性ホルモンに似た働きをすることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。
また、逆に、乳がんなどのホルモン依存性のがんでは、過剰なエストロゲンの働きを弱めるように作用してくれます。
その効力は、エストロゲンの1/1000~1/10000で、非常に穏やかな働きですconfident

イソフラボンを意識して大豆製品を積極的に摂っていらっしゃる方も多いと思いますが、残念なことに、あまりよくない研究結果も報告されていますdownwardright
・閉経前女性に日常の食事に加えて1日57.3mgのイソフラボンを含む豆乳を2月経周期摂取させた結果、血中エストロゲン濃度の低下と月経周期の延長傾向が併せてみられた。
・閉経前の女性に、日常の食事に加えて豆乳を1日400mL(イソフラボン75.7mg)摂取させたところ、エストラジオールの血中濃度が約33.3%低下、月経周期が11.7%延長した。
・閉経後女性に1日150mgのイソフラボンの錠剤を5年間摂取させた結果、子宮内膜症の発症が有意に高かった。

これらを考慮し、わが国の食品安全委員会では、イソフラボンの摂取量の上限値を75mgと考えています。一般的な食品では、だいたい次のような量が目安です。
               納豆2パック、豆腐1丁(300g)、豆乳400 mL

大豆は日本では古くから親しまれてきた食品であり、イソフラボンだけでなく良質のたんぱく質サポニンレシチンなど、健康に役立つ成分も多く含んでいます。
サプリメントやトクホ食品などでイソフラボンのみを一度にたくさん摂取することは避けた方がいいですが、大豆そのものを敬遠することのないようにしたいですねhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
料金:1回 1500円(50分)
初回の方は、ファーストインタビューを無料で行いますので、お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg