クリニックBlog

2017.07.06更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

明日7月7日は七夕ですね。
子どもの頃、「たなばたさま」の歌notesを歌いながら、願いごとを書いた短冊を笹にくくりつけたのを懐かしく思い出します。

七夕と言えば、離ればなれになった織姫と彦星が一年に一度会える日としてロマンティックなイメージが強いですが、桃の節句や端午の節句と同じ五節句のひとつでもあります。
縁起の良い奇数が連なる7月7日の夕べに行事が行われるため、「七夕の節句」といいます。
また、笹を用いて行事をすることから、「笹の節句」とも呼ばれています。

桃の節句にはハマグリのお吸い物、端午の節句には柏餅やちまきが食べられますが、さて、七夕の節句の行事食は何でしょうか

答えは「そうめん」です。

その起源は古く、中国から伝わった「索餅(さくべい)」という菓子が由来だと言われていますflair
その昔、古代中国の帝の子供が七月七日に亡くなり、その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせました。
これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めたとのことです。
それ以後、この故事に因んで中国では七夕に「索餅」を食べる風習が生まれました。
索餅は奈良時代に日本に伝えられ、平安時代には七夕の節供の宮中行事に取り入れられ、一般にも広がっていきました。
索餅は、小麦粉と米粉を練って縄の形にした菓子で、「索麺(さくめん)」とも呼ばれました。やがて、「さくめん」が「そうめん」に変化し、日本では七夕にそうめんを食べるようになりました。

手延べ素麺と言えば、国内生産高第1位の播州素麺(兵庫県)、第2位の島原素麺(長崎県)が有名でしょうか?
半田素麺(徳島県)は、他の素麺より太いのが特徴で、よく知られています。
手延べ素麺は、小麦粉に食塩と水を混ぜてよく練り、食用油を塗って撚りをかけながら引き延ばして乾燥、熟成させる製法です。
三輪素麺(奈良県)は、綿花の産地に近かったため綿実油が使われ、小豆島素麺(香川県)には酸化しにくい胡麻油が使われています。
それぞれ原料や製法にこだわりがあるのですねhappy01

そうめんの主成分は炭水化物で、それほど栄養価が高いとは言えないので、いろいろな食品と組み合わせましょうnote
冷やして食べるならハムや卵、きゅうりやトマトなど定番のものでもいいです。
オクラを輪切りにして乗せると、天の川にお星様が輝いているようでかわいいですheart02
また、焼きそばのように炒めると、さらに使える食材は増えますねrestaurant

明日は夜空を見上げて、星を探してみたいですねshine

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg