クリニックBlog

2017.05.18更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

5月に入り、暖かい日が続いていますね。
私は毎週、中之島公園付近を通るのですが、この季節はバラがちょうど見ごろですheart04
中之島公園のバラ園には、約310品種、およそ3,700株のバラが栽培されていて、多くの人の目を楽しませてくれます。





もちろん、バラの香りも忘れてはなりません。
甘い香りがただようバラ園で美しいバラを眺めていると、心まで満たされてきますhappy01

香りにこだわりのある方は、ローズオイルやローズティーなども愛用されていることでしょう。
ローズオイルやローズティーには、ホルモンバランスを整え、心を安定させ、PMS(月経前症候群)の諸症状を緩和する効果があると言われ、近年注目を集めています。

バラの香りの主成分であるゲラニオールは、大脳辺縁系を通って視床下部に伝わり、脳下垂体を刺激して性腺刺激ホルモンの分泌を促すので、その結果、女性ホルモンの分泌が促進され、女性特有の症状が緩和されるそうです。

また、ゲラニオールには体臭を抑える効果があります。
ゲラニオールは消化器官から吸収された後、皮膚の汗腺から汗とともに放出されますが、その香りは30~60分で最大になり、180分間継続するという研究結果が出ていますflair

さらに、バラには、芳香成分以外にもビタミンやポリフェノールなどの抗酸化物質も含まれて、美肌やアンチエイジングに効果が期待できます。

ブルガリアでは、バラは、民間薬として古くから親しまれてきたそうです。
中でも、最も香り高いのがダマスクローズで、最高品質のローズオイルを生む「バラの女王」と呼ばれています。
ブルガリアは、世界で唯一、ローズオイルに国家基準を定めていて、国立バラ研究所が認定したローズオイルに対してのみ、品質証明書が発行されるとのことです。

日本では、バラは観賞用というイメージが強いですが、その香りは、女性の美と健康の味方だったのですねshine

次に、中之島公園を訪れるときは、バラの香りを体いっぱいに吸い込んで、女っぷりを上げてみたいと思いますlovely

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg