クリニックBlog

2017.03.16更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、コーヒーcafeについてのお話です。
カフェインが身体を冷やすのでコーヒーを我慢しているとおっしゃる方も多いです。

カフェインには利尿作用があるため、排尿によって体温が奪われるので冷えにつながるという考え方ですが、実際にはどうなのでしょう
冷えの原因は様々ですが、体内に余計な水分を溜め込んでいるせいで、熱が奪われても起こります。
その場合はカフェインの利尿作用はプラスに働きます。
また、カフェインには、脂肪分解酵素を活性化する働きがあることがわかっていますが、代謝が高まると熱が発生するので、コーヒーが身体を冷やすとは一概には言えません。

一方、カフェインの覚醒作用により睡眠が妨げられたり、過剰摂取によって鉄や亜鉛などのミネラルの吸収が阻害されたり、というマイナス面もあります。

では、どれぐらいなら身体に悪影響を与えないのでしょうか
実際に、欧州食品安全機構が安全と見なしたカフェイン量は、成人5.7mg/kg/日まで、妊婦・授乳婦200mg/日までです。
また、カナダ保健省の示した1日最大量は、12歳以下:2.5mg/kg、妊娠適齢期女性:300mg、健康な成人:400~450mgです。

コーヒー100ml中のカフェインは約60mgなので1~2杯なら大丈夫だということですねheart04 
ちなみに、煎茶・ウーロン茶は約20mg、紅茶は約 30mg、コーラは10~13mgで、コーヒーよりも少ないですが、高級緑茶の玉露だと約160mgとかなり多いですwobbly

また、カフェインは、総合感冒薬や解熱鎮痛薬、鼻炎用カプセルに含まれていることもあります。
医薬品のカフェインには、「胎盤を通過し、また母乳中に容易に移行するので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦には長期連用を避けること」と記載されています。
治療中は問題ありませんが、妊娠授乳中は控えめにしてくださいね。
今のうちに、カフェインレスノンカフェインのコーヒーcafeを試してみるのもいいと思いますhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:水曜・木曜 14:00~、15:00~、16:00~、17:00~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg