2017.02.28更新

だんだんと暖かくなっておりますが、急な気温の変化で体調崩されていませんか?
さて、先日TOKIBOさんが主催する培養士を対象としたセミナーがあり、参加してきました。
非常に基礎的な内容で、減数分裂や卵子、精子について学びました。

減数分裂(卵子と精子のみが行う特別な分裂)はどのように行われるのか、卵子や精子が完成するまでの過程やそれぞれの役割など...
生物の授業のような内容から始まって最後は臨床的なことまでお話し下さり、培養士1年目の私にはとても良い勉強になりました。

休憩時間にはちょっとしたクイズなどもありました。
ではそのうちの一問をここで出題します!

ヒトの精子を10分間泳がせました。どれくらい移動したでしょうか?
 A. 0.6 mm
 B. 6.0 mm
 C. 6.0 cm

皆さん分かりましたか?

答えはC. 6.0 cmです!
目では見えない大きさの精子が6cmも移動するなんてすごいですよね。

臨床(外来)と培養室にはそれぞれ役割があります。
臨床サイドであるドクターやナースの役割はより良い質の卵子を作ること、我々培養士はお預かりした卵子と受精卵の質を保つことです。
体内から体外に取り出すことでどうしてもダメージは受けてしましますが、そのダメージを最小限に留め、質を保ったまま患者様のもとへお返しできるよう努めていかなくてはならない、とお話しくださいました。
日々の業務や勉強を通して、これからも精進していきたいと思います。



培養室  朽原

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg