クリニックBlog

2017.01.26更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

昨日1月25日は「日本最低気温の日」でした。
1902年1月25日、北海道旭川市で、日本の最低気温-41.0℃を記録したとのことですwobbly

ここ数日、大阪は氷点下の気温で、身体が悲鳴を上げていましたsnow
家庭用冷蔵庫の冷凍室でも-20℃ぐらいですから、
-41.0℃とは、想像もできない気温ですねcatface

寒いのは苦手だとおっしゃる方が多いと思いますが、実は、冬の方がダイエットに適した季節なのですflair
気温の低い冬は、体温を保つために夏よりもエネルギーが余分に必要になり、基礎代謝が高まるからです。

基礎代謝とは、生命を維持するために必要な最小限のエネルギーのことで、実際には、早朝空腹時に、安静仰臥覚醒状態で測定されます。
簡易的に求めるには、
基礎代謝基準値(kcal/kg/日)×体重(kg)
の計算式を使います。

例えば、18~29歳女性、体重50㎏の場合、
基礎代謝基準値は22.1なので、
22.1×50=1110となり、
最低でも1日1110kcalは必要です。

また、同じ50㎏の女性でも、基礎代謝は年齢とともに下がるので、
30~49歳の場合、21.7×50=1085
50歳以上だと、20.7×50=1035となります。

基礎代謝は年齢や体重だけでなく、性別、筋肉量、体表面積(体格)によっても影響されます。
特に、筋肉はエネルギー消費量が高いので、女性より男性の方が基礎代謝は高くなります。
年齢とともに基礎代謝が下がるのも、脂肪の蓄積量が増えて筋肉の割合が減ることが理由です。
筋肉を保つために、定期的な運動や家事労働を続けていれば、基礎代謝も保てるということですねnote

私は、寒い日はすぐにお腹が空くのですが、皆様はいかがですか
冷暖房設備が調った現代でも、身体は原始のまま、自然に忠実なのでしょうね。
身体の声に耳を傾ければ、自ずと自分の身体に必要な物が見えてくるのかもしれませんhappy01

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg