クリニックBlog

2016.12.08更新

12月2日・3日と、神戸の国際会議場で行われました「日本生殖免疫学会」に参加してまいりました。

テーマは「抗リン脂質抗体、凝固異常症、母児接点の免疫」でした。




議題の多くは、自己免疫異常による不育症に関するものでしたが、不妊症の分野にまたがる発表も多くみられました。

中でも着床時の免疫寛容に関する講演がいくつか見られ、大変興味深いものでした。



それから・・・・今話題になっている「風疹」のワクチン接種に関する演題もありました。

風疹は妊娠中にかかると赤ちゃんが「先天性風疹症候群」にかかってしまう可能性がある病気です。

風疹は、予防接種の推奨の強さに時代差があり、特に今の20代後半~40代では子供時代に予防接種を受けていない割合が高いそうです。

この施設では「先天性風疹症候群」は2010年ころから増え始め、2013年には激増したという報告でした。

この発表は同じ関西圏、奈良の病院からのものでしたので、身近な問題として感じられました。

皆様もご自身の風疹の予防接種歴を確認してみてはいかがでしょうかconfident


その他にも精子に関するものや生殖医療倫理などの講演があり、様々な角度から不妊治療という分野を見ることができる学会でした!

新しい知見がどんどん見つかる分野ですので、遅れをとらぬよう日々精進してまいりたいと思いますrunrun


培養室 吉田

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg