クリニックBlog

2016.10.24更新

こんにちは、遺伝カウンセラーの橋谷ですconfident

秋が深まってきましたねmaple

スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋。。。
様々なアクティビティで、ご自分の興味関心を高める事が出来る季節ですねcute

秋の夜長に、私は読書をしていますbook
遺伝とは全く関係ない、フランスの歴史の本なのですがsweat01

読書スピードのゆっくりな私は、文庫本ですら時間がかかります。
幼いころから、なんでだろう?と思っていました。
本を早く読める友達と、自分はどんな違いがあるのだろう?

知性と読書スピードは違いますがcoldsweats01、こんな研究がありました。

『Molecular Psychiatry』で発表されたキングス・カレッジ・ロンドンの研究によると、研究者たちは「非常に高いIQ」の被験者1,409人の遺伝子全体を分析したそうです。
IQ170以上(sign02)で、世界の人口の0.03パーセントの限られた人間たち(ノーベル賞受賞者のIQは平均で「145」といわれている)のものだそうです。

研究者は、これら非凡な頭脳の遺伝子全体を3,253人の「普通の」人々ものと比較したのですが、結果としてわかったのは、これを持っていれば天才になる!といったような
「天才の遺伝子」というものは存在しないということです。

しかし、研究者によるもう一つの分析により、「遺伝要素」が学校の成績に関係するのはおおよそ60パーセントだと判明しました。

研究者たちはこう付け加えます。
「子どもたちは自分たちの経験を、遺伝的傾向をもとにして選択し、変更し、想起する。遺伝 - 環境の相関関係は、受動的ではない。遺伝子は、学習の態度や渇望に影響を与えることにより、子どもたちの選んだ環境にも影響を与える」


自分たちに天才の子孫がもたらされることを期待して、何千もの遺伝子に手を加えることは、いまのところ、あまり意味のないことのようですsweat02
よりずっと簡単で生産的なのは、遺伝とは別のもう半分、環境の方に働きかけることなのかもしれませんね。
それはつまり、将来、それぞれの潜在能力を発現させるために、よりよく教育プログラムを発展させること。
自分自身の「好き」をうまく見つけられることが、その近道なのかもしれませんeye

遺伝子検査、出生前診断、病気の遺伝のこと...家系に関したこと.
疑問を持たれましたら、診察の合間に、どうぞ遺伝カウンセリングルームをお訪ねください。
ご自身やご家族の遺伝のことについて、皆さま自身が知り・役立てる、お手伝いをさせていただきたく存じますcute

≪遺伝カウンセリング≫ 
日時:月曜日
10:30~,11:00~,11:30~,12:00~,12:30~,13:00~
無料となっています。
インターネット、受付またはお電話でご予約して頂けますmaple


投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg