クリニックBlog

2016.02.20更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

前回は、ストレスに対抗するホルモンであるコルチゾールアドレナリンについてのお話をしましたね。
これらの材料になるのは、コレテロールたんぱく質(アミノ酸)ですが、アミノ酸が体の中でどのような働きをしているのかを見ていきましょうhappy01

食べ物の中のたんぱく質は、アミノ酸に分解されて肝臓にいったん蓄えられます。
その後、必要に応じて他の組織や器官に送られ、筋肉や皮膚、血液成分などのたんぱく質に再合成されたり、ホルモンや酵素、神経伝達物質に作りかえられたりします。

人の体に関係するアミノ酸は20種類あり、そのうち体内で合成できない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。
アドレナリンの材料であるフェニルアラニンは、この必須アミノ酸の一種で、不足すると集中力ややる気が低下してしまいます。

また、「幸せホルモン」のセロトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンから作られます。
セロトニンには気分を落ち着ける働きがあり、うつ病との関連が認められています。
その材料のトリプトファンが不足しても精神不安定になることは明らかで、実際にマウスを使った実験でも、攻撃性が増し、情動行動に変化があったという結果が出ています。
さらに、このセロトニンからは「睡眠ホルモン」のメラトニンが作られます。
日中はセロトニンが分泌され、活動性を高めますが、夕方以降は次第に減少し、逆にメラトニン分泌が増え、眠りに就く準備をします。

このような一連の体内時計の働きには、トリプトファンが不可欠だということですねnote
トリプトファンは、赤身肉や卵、牛乳、魚介類などの動物性たんぱく質をはじめ、大豆や穀類など様々な食品に含まれるので、通常の食事をしていれば不足することはありません。
バランスよく色々なものを食べるようにしましょう。

You are what you eat.  (あなたが食べたものがあなた自身)
食の大切さを改めて考えてみてくださいね。


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
2月第4週からは水曜・木曜になります。
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg