クリニックBlog

2015.12.21更新

本格的に冬の寒さが増してきましたねsnow
体調を崩しやすい季節ですが、皆様どのようにおすごしでしょうか。


今回看護部からは妊娠を希望されるカップルにはぜひ知っておいてもらいたい
「風疹」についてのお話をさせていただきますcatface

なぜ、妊娠する前に風疹のことを知ってもらいたいのかと言いますと
妊娠中に妊婦さんが風疹にかかってしまうと
赤ちゃんが「先天性風疹症候群」になってしまう危険性があるからなのですcrying

先天性風疹症候群の大きな症状としては
先天性心疾患・難聴・白内障などがあります。
かかった時期が妊娠の初期であればあるほど、先天性風疹症候群になる確率は高まると言われています。
そうしたリスクを避けるためにも
妊娠する前にまず風疹にかからないようにしっかり風疹に対する免疫をつけていただくことをお勧めしています。

小さい頃に風疹にかかったことがあったり、風疹のワクチンを受けたことがあるという方は、風疹に対する抗体価は高い(風疹を予防できる状態)と思われますが
稀に昔風疹にかかったりワクチンを打っていたりしても、抗体価が低い方もいらっしゃるので
気になる方は一度調べてみてくださいね。
ちなみにご主人からうつされるケースも多いとの事ですdespair
ぜひカップルで風疹を予防していきましょう。

風疹の抗体価は8の倍数で示され、32倍以上で十分な抗体があると言えます。
それに達していない方は、風疹ワクチン接種が推奨されます。

ただし、風疹ワクチンは生ワクチンですので妊娠中はもちろん、妊娠の可能性がある場合は接種できません
またワクチンを接種されてから2か月間は避妊して頂く必要があります
ワクチンの接種をお考えの方は以上のことをご考慮お願いします。

風疹に対する免疫を自分が持っているかどうかは血液検査で調べることができます。
居住地域の自治体によっては補助があるところもあるそうです。
もちろん当院でも検査を行っておりますので、ご希望の方はスタッフにお声かけくださいconfident



看護部 小西

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg