クリニックBlog

2015.12.12更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

昨日は大荒れの天気でraintyphoon大変でしたが、今日はまた穏やかな気候が戻ってきましたねhappy01

今日12月12日は、「明太子の日」ですsign01

「明太子」といえば博多名物というイメージが大きいですが、もとは朝鮮半島のキムチ漬けが由来だそうですflair
1900年代初めに韓国から辛子明太子が山口県下関市に伝わり、1914年の今日、「明太子」という名称が初めて新聞に登場しました。
それを記念して、下関市の明太子専門業者によって「明太子の日」が制定されました。
ちなみに、1月10日も「明太子の日」で、こちらは福岡県の明太子専門業者によるそうです。

本来、「明太子」とは単に「たらこ」を指す言葉です。
韓国語で、スケトウダラfishのことを「明太(ミョンテ)」といいますが、その子である「たらこ」を表すのに「明太子」という字が日本であてられたようです。
そして、その「明太子」を唐辛子を主原料とする調味液に漬けるので、「辛子明太子」という名称になりました。

「辛子明太子」の栄養価は高く、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを多く含んでいます。
青魚ほどではありませんが、不飽和脂肪酸のDHAEPAも豊富です。
特に多いのはビタミンEで、魚の身の4~5倍も含まれています。
また、唐辛子の辛さの成分であるカプサイシンには、発汗・強心作用とともに、胃腸を刺激し、食欲を増進させる働きもあります。

心配なのは、塩分とプリン体ですねbearing
たらこを塩漬けしてから調味液に漬けるので塩分がかなり多いです。
血圧高めの人やむくみのある人は注意してください。
また、魚類は全般的にプリン体が多いですが、魚卵にも多く含まれています。
プリン体は人の体内で尿酸に代謝され、これが過剰になると高尿酸血症となり、痛風発作が起こります。
食べ物だけでなく自己の細胞からも尿酸はつくられますが、排泄能力には個人差があります。
尿酸の材料を増やさないためにも、プリン体の多い食べ物を食べすぎないように気を付けましょうnote

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg