クリニックBlog

2015.12.19更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、精がつく食材の第4弾、ゴマについてのお話です。

ゴマは古代から重要な穀物として栽培され、漢方生薬としても用いられてきました。
中国の不老長寿の秘薬である「静神丸」は、「百日食べると一切の病気を除き、一年で体や顔に艶が出て若々しい肌になり、二年続けると白髪が黒くなり、三年連用すると歯の落ちたのが生えかわり、四年も続けると水や火の害をはねつけ、五年連用すると、奔馬にも追いつくような心臓と脚力がつき不老、延年ができる」と言われていました。
驚くべきcoldsweats02アンチエイジング効果ですが、それはゴマとハチミツで作られた薬でした。

ゴマが不老長寿滋養強壮に用いられたのは、もちろんその栄養価の高さからです。
ゴマの主成分は脂質で、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸を多く含みます。
また、成長ホルモンの分泌に関わるアミノ酸アルギニン、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル、ビタミンEやB群、食物繊維なども豊富です。
不飽和脂肪酸とビタミンEの抗酸化作用が細胞の老化を防ぎ、ミネラルが骨や血液、生殖機能を保ち、ビタミンB群がエネルギー補給を助ける、まさに健康食・美容食と言えます。

近年は、ゴマの食物繊維の一つであるゴマリグナンが抗酸化物質として注目されています。
ゴマリグナンには、セサミン、セサモリン、セサミノール、セサモールなどがありますが、セサミンによる血清コレステロールの改善例も報告されていますflair
また、ゴマリグナンは、女性ホルモンと似た働きをする植物性エストロゲンなので、大豆イソフラボンと同様の効果も期待できます。

ゴマの場合は、1回に食べる量はあまり多くないので、少しでも消化吸収率を高めるために、すりゴマにしましょう。
黒ゴマも白ゴマも栄養価は大差ありませんが、黒ゴマの色素アントシアニンには抗酸化作用があるので、お料理の色合いに問題がないなら黒ゴマにするといいですね。

ゴマは昔から食べられている安全な食品ですが、食物アレルギーの原因食品でもあるので、アレルギー体質の方は摂りすぎないように気を付けてくださいねhappy01

≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg