クリニックBlog

2015.11.21更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今回は、精がつく食材の第2弾、ニンニクについてのお話ですhappy01

ニンニクは、ユリ科の多年草で、紀元前から世界各地で利用されてきました。
古代エジプトではピラミッド建設のための滋養強壮として、古代ローマでは急性疾患治療薬として使われ、古代インドの医学書「アーユルベーダ」にもその薬効が記されています。
日本には4世紀頃に伝わり、「古事記」には日本武尊(やまとたけるのみこと)が、手に持っていた食べかけのニンニクを魔物に投げつけて退治したことが記されています。
古代中国の「神農本草経集注」には、「大蒜(たいさん)」という名で記載され、現代でも、健胃、発汗、利尿、駆虫薬などの生薬として利用されています。

ニンニク特有の刺激臭のもととなるのはアリシンという物質で、これには強い抗菌・殺菌効果糖質代謝を促進するビタミンB1の吸収を高める作用があります。
また、無臭の成分であるスコルジニンは、強力な酸化還元作用をもち、新陳代謝を活発にし、疲労回復に役立ち、強壮・強精作用を有すると言われています。
これが、精がつく食材と言われる所以なのですねflair
ショウガと同様に、アメリカ国立がん研究所の「デザイナーフーズ・プログラム」でも、免疫力を高める食品として上位にランキングされています。

ニンニクは香味野菜として様々な料理に使われ、薬用酒や健康食品としても人気がありますが、胃腸障害や血液凝固関連薬との併用での悪影響も報告されているので、摂り過ぎには気をつけてくださいねdanger
適量は、生なら1日に1片程度、加熱したものなら2~3片程度、毎日でなくても1週間に1~2回でも効果があると言われています。

独特の臭いが困りものですが、緑茶やリンゴなどと一緒に摂ると臭い消しになるそうですdelicious
美肌や育毛効果も期待できるとのことなので、日常の食生活に上手に取り入れてくださいねnote


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。
お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg