クリニックBlog

2015.09.19更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

だんだんと秋の気配がただよい始め、朝夕は肌寒く感じますねcatface
今回は、冷え性によいと言われるヘスペリジンについてのお話です。

ヘスペリジンは、ミカンやオレンジなどの柑橘類の果皮や薄皮に含まれるフラボノイドで、ポリフェノールの一種です。
ビタミン様作用を示し、ルチンやケルセチンとともにビタミンPとも呼ばれます。

ヘスペリジンの効果としては、毛細血管の強化抗酸化作用をはじめ、血圧上昇抑制作用血中コレステロールを改善する作用抗アレルギー作用骨密度の低下を抑制する作用など、さまざまな研究結果が報告されていますflair
特定保健用食品の関与成分としても許可され、「中性脂肪が高めの方や、脂肪の多い食事を摂りがちな方に」という表示がされています。

わが国では昔から、天日干ししたミカンの皮や柚子をお風呂spaに入れる習慣がありますが、これにもヘスペリジンの血行促進効果が関係しています。
柑橘類の果皮に含まれるヘスペリジン、さらに、リモネンやテルピネンなどの精油成分がお湯に溶け出し、毛細血管を広げて血行を促進し、冷え性や肩こりを改善してくれますnote

また、ミカンの皮は漢方生薬としても利用されています。
ミカンの皮を陰干しして1年以上経過したものを「陳皮(ちんぴ)」といい、主に、胃もたれ、消化促進や食欲増進、風邪による喉の痛みや咳などに用います。
当院で処方している「補中益気湯」にも含まれていますし、身近なところでは、七味唐辛子の「七味」の一つでもあります。
陳皮の「陳」は、「古いもの」を意味し、年数を重ねたものの方が優れた薬効を持つといわれるそうです。ご家庭でも作れるので試してみてくださいねsign01

これからの季節にヘスペリジンの効果を期待して、こたつにミカン、鍋物に七味唐辛子、お風呂にミカンの皮、「温活」されている方にはぜひお勧めしますhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
ファーストインタビューだけでなく2回目以降も無料です。お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg