クリニックBlog

2015.08.29更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

もうすぐ8月も終わりですね。
少しずつ日差しもやわらかくなって、秋の気配も感じるようになってきました。
今年の夏はかなり暑かったので、夏バテされている方も多いのではないでしょうか

夏バテにいい食べ物と言えば、鰻がその代表ですねdelicious
今年の土用の丑の日は、7月24日と8月5日の2回ありましたが、みなさんは鰻を食べられましたか

土用の丑の日に鰻を食べるという風習の由来には諸説ありますが、江戸時代の蘭学者の平賀源内が火付け役だという説が有力です。

商売不振に困っていた鰻屋から相談を受けた平賀源内は、「丑の日に『う』のつく食べ物を食べると夏負けしない」という言い伝えをもとに「本日は丑の日」と書いて店先に看板を出すよう勧めたそうです。

すると、その鰻屋がたいへん繁盛したので、他の鰻屋もどんどん真似をするようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したと言われていますflair

実際に、鰻は、DHA、EPAビタミンA、B1、B2、D、E鉄や亜鉛などのミネラルを多く含み、夏バテの予防や解消には最適です。

特に、ビタミンAは非常に豊富で、鰻1匹で成人が1日で必要とする量を充分に満たしてくれます。
ビタミンAは、目の健康を維持し、皮膚や粘膜を正常に保つのに必要な栄養素です。
化学名はレチノールですが、レチノール誘導体として化粧品にも配合されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか

ビタミンAが不足すると、眼や皮膚の乾燥、夜盲症などの欠乏症が起こります。
逆に、過剰に摂ると、脂溶性ビタミンなので、体内に蓄積し、腹痛、悪心、嘔吐、関節痛、皮膚乾燥、脱毛、食欲不振、肝脾腫、脳圧亢進などの中毒症状を示します。
その他、重大な過剰症として、催奇形性、骨密度の減少も知られています。

1日に3,000μgRE以上の摂取は、胎児の催奇形性のリスクを高めるので、妊娠を希望する女性および妊娠3か月以内の妊婦は過剰摂取に気をつけなければなりません。
3,000μgREは、鰻のかば焼きだと200gに相当します。
レバーも鰻と同様にビタミンAを多く含みます。
牛レバーtaurusなら270g程度は大丈夫ですが、鶏レバーchickだと20~25gしか食べられません。
鰻やレバーを連日大量に食べる人はいないと思いますが、お好きな方は注意してくださいね。

また、ビタミン入りのサプリメントを摂っている方は栄養成分表示を確認してください。
当院推奨のものは、ビタミンAでなくβ-カロテンとして含まれているので問題ありませんが、気になる方はぜひ栄養カウンセリングにお越しくださいねhappy01

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg