クリニックblog

2015年7月24日 金曜日

培養室へようこそ Vol.13 胚融解


いよいよ梅雨も明けて、陽射しがまぶしい季節sunとなってきました
皆様夏を迎える準備はされましたか?
これから夏本番、しっかり体調管理をして素敵な夏にしましょうsunyacht

それでは、今回の培養室へようこそは、
『胚融解 』について説明させていただきますhappy01
胚の凍結については過去のブログをご参照ください

ー196℃の液体窒素中で保存されている胚を融解専用の培養液に
取り出し、融解を行います。
融解直後の初期胚の様子はこちらです。


上記の凍結時の胚の様子はこちらです。 


凍結時と変わらずきれいな状態です。初期胚の場合は融解直後には
1枚目の写真のように凍結前と同じ状態に戻ります。
しかし胚盤胞の場合、融解直後は収縮した状態になります。

融解直後の胚盤胞の様子はこちらです。


その後3時間程培養しますとこのように凍結前の状態まで回復しますconfident


その為胚盤胞を用いた胚移植の場合は3時間程度の回復時間が必要となるために午前中に融解を行います。
その後胚移植の時間まで培養を続け移植となります。happy01


今回はここまで。こちらのシリーズもいよいよ最終回です。
次回からは、また別の話題をお伝えしていきますwink




培養士 小森



投稿者 春木レディースクリニック

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

詳しくはこちら

  • 初予次月初診予約開始日
  • 休診休診日
  • P休午後休診
  • ○休医師休診
  • ○診医師診療あり
  • P診午後診療あり
  • 診療診療日
  • カ休カウンセリング休み
  • ☆おお知らせ
  • 【医師記号】
  • H…春木院長 W…脇本 F…三杦
  • K…金田 Y…山中 M...前田

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00 [休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日[住所]〒542-0081 大阪市中央区南船場3-12-9 心斎橋プラザビル東館 8F地下鉄御堂筋線・鶴見緑地線心斎橋駅から直結06-6281-3788