クリニックBlog

2015.04.25更新

こんにちはhappy01
管理栄養士の花田です。
いいお天気が続いていますねsun

この前の栄養カウンセリングで、「くるみ油」のお話が出ました。
亜麻仁油、ココナッツオイルなど、健康効果のある油がたくさん登場していますが、消費者としては選ぶのに困りますね。

さて、この「くるみ油」ですが、早速調べてみました。
メーカーサイトによると、「リノール酸(オメガ6)α-リノレン酸(オメガ3)を多く含む」というのが特長のようです。

リノール酸もα-リノレン酸も、人の体内では合成できない必須脂肪酸なので食事から摂らなければなりません。
くるみは、ナッツ類の中でもα-リノレン酸が多く、その点では非常に優秀ですが、リノール酸もその4倍以上含まれています。
かつては、リノール酸は血中コレステロールを下げる効果があるということで摂取が推奨されていましたが、その後の研究で、摂りすぎると善玉コレステロールまで減らして動脈硬化を進めたり、がんやアレルギーの原因ともなるということが分かってきましたflair
リノール酸は様々な食品に含まれているので、現代の食生活では摂りすぎの人も多いと言われています。
ですから、ご自分の食事内容を振り返って不足があるのなら補う、という考え方で選ばれるとよいと思います。

くるみは、漢方では、胡桃仁(コトウニン)と呼ばれ、補腎・温肺潤腸・補気養血、利尿・通便・鎮咳・滋養強壮の作用があると言われます。
肺の機能を高めて腎を温める作用があり、体の冷え、体力低下、腰や膝のだるさ、吸気性呼吸困難、便秘、老化防止などに効果が期待できます。
また、アーモンドほどではありませんが、カルシウムや鉄、抗酸化作用のあるビタミンEも豊富ですclover

くるみの独特の歯ごたえや香ばしさを楽しむために、お菓子だけでなくお料理にも利用してはどうでしょうかsign02
「くるみ味噌」のレシピを挙げておきますので、よろしければ作ってみてください。
冷蔵庫に常備して、ゆで野菜などと和えるとおいしいですよ

≪材料≫
・くるみ   40g
・西京味噌  大さじ1.5
・しょうゆ  小さじ1/2
・砂糖    小さじ1/2

くるみを煎って粗めに砕き、調味料と混ぜるだけです。
赤味噌を加えたり、砂糖でなくみりんに替えたりしてアレンジしてもいいと思いますnote

栄養価の高いくるみですが、カロリーも高いので、食べ過ぎには気を付けてくださいねdelicious

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg