栄養カウンセリング室より

2015年3月 7日 土曜日

◇栄養カウンセリング室より◇  NO.11

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

栄養カウンセリングでは、サプリメントについての質問も多いのですが、ご存じのとおり、葉酸のサプリメントは必須ですねhappy01

厚生労働省では、妊娠の可能性がある女性は、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月まで、通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取することを勧めています。

葉酸はビタミンB群の一つで、細胞の核酸DNAが作られるときに補酵素として働く、細胞増殖に不可欠な栄養素です。
赤血球の合成にも必要なので、不足すると貧血になります。
ほうれん草から発見されたのでその名がついていますが、一般的な食品に含まれる葉酸の吸収率はよくないため、栄養補助食品からの摂取が推奨されています。

DNAの合成に関係するということは、もちろん男性にも必要な栄養素ですclover
実際に、葉酸の摂取量が多い男性は(1日722~1150μg)、精子の染色体異数性が20~30%低いというアメリカの研究結果が報告されています。

でも、葉酸が必要な理由はこれだけではありません。
葉酸が不足すると、血液中にホモシステインという物質が増え、動脈硬化を起こしたり血栓をできやすくしたりしますsad
また、ホモシステインは血液の凝固にも関係し、流産や不育症の原因になるともいわれ、妊娠期においては、妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離や胎盤梗塞のリスクを高めることも報告されています。
体外受精においては、卵胞液中のホモシステイン値が低いほど成績がよいという結果も出ていますflair

このように、妊娠と葉酸には深い関係があるので、緑黄色野菜やレバーを食生活に上手く取り入れるとともに、サプリメントなどで適切に補っていきましょうclover


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
料金:1回 1500円(50分)
初回の方は、ファーストインタビューを無料で行いますので、お気軽にご予約ください。


投稿者 春木レディースクリニック

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

詳しくはこちら

  • 初予次月初診予約開始日
  • 休診休診日
  • P休午後休診
  • ○休医師休診
  • ○診医師診療あり
  • P診午後診療あり
  • 診療診療日
  • カ休カウンセリング休み
  • ☆おお知らせ
  • 【医師記号】
  • H…春木院長 W…脇本 F…三杦
  • K…金田 Y…山中 M...前田

[診療時間]9:00~13:00/15:00~19:00 [休診日]水曜午後・土曜午後・日曜・祝日[住所]〒542-0081 大阪市中央区南船場3-12-9 心斎橋プラザビル東館 8F地下鉄御堂筋線・鶴見緑地線心斎橋駅から直結06-6281-3788