クリニックBlog

2015.02.28更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

今日2月28日は、「ビスケットの日」です。

ビスケットの語源は、ラテン語のビス・コクトゥスで、「二度焼かれたもの」という意味です。
ビスケットは、16世紀にポルトガル人によって伝えられましたが、当時はあまり人気がなかったそうですdespair

しかし、よく焼いてあり、保存がきくことに水戸藩が注目し、兵糧用にするため、長崎に留学していた藩士の柴田方庵にビスケットの製法を調べるように命じました。
方庵は、長崎のオランダ商人に製法を学び、パン・ビスケットの製法を記した日本初の文書である「パン・ビスコイト製法書」を藩に送りました。
その日が、1855(安政2)年の今日だったのです。

ビスケットは、世界各国で異なる呼び方がされています。
イギリスではビスケット、アメリカではクッキー、フランスではビスキュイ、ドイツではビスキュイートなどと呼ばれています。
アメリカでは、ビスケットというとスコーンのような柔らかい菓子パンのことを指します。

日本では、ビスケットとクッキーには区別があります。
食品の規格上、手作り風の外観で、糖分と脂肪分の合計が40%以上含まれるものをクッキー、それ以下のものをビスケットとしています。

ビスケットはカロリーが高く、長期保存も可能なので、カンパンなどの非常食として用いられています。
最近は様々な風味・食感のビスケットが登場し、つい「期間限定」や「地域限定」に目が行ってしまいがちですが、やはりシンプルなものが一番ですhappy01
原材料表示をよく見て、心もカラダも喜ぶものを選んでくださいね。

日ごろ何気なく食べているものでも、その歴史を知ると美味しさが増すような気がしますclover
久しぶりにクッキーを焼いてみたくなりましたnote

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg