クリニックBlog

2015.01.24更新

こんにちはsun
管理栄養士の花田です。

皆さんは1日に何回、歯磨きをされますか
テレビCMなどで「歯周病」や「プラークコントロール」などの言葉をよく耳にするようになりましたが、私もここ数年は口腔ケアに力を入れています。

さて、この歯周病ですが、妊婦さんが歯周病にかかっていると早産や低出生体重児出産のリスクがなんと7.5倍も高くなるそうですcoldsweats02
アメリカの研究では、歯周病でない妊婦の早産率が6%なのに対して、歯周病の妊婦の早産率は43%で約7倍となっています。
アルコールによる早産リスクは3倍ですから、それに比べてかなり高いことが分かります。
また、日本の研究でも、妊娠中に歯周病が改善されなかった妊婦から生まれた児は、出生体重が平均約200g少なかったという結果が出ていますbearing

歯周病菌が血液に乗って子宮や胎盤に運ばれ、炎症を起こす際にできる物質により陣痛が誘発されて早産になったり、羊水の中の歯周病菌が胎児の発育を妨げたりするそうです。

また、歯周病の人は糖尿病になりやすいとも言われます。
これも歯周病菌が炎症を起こす際にできる物質がインスリンの働きを妨げるのが原因だそうです。
逆に、糖尿病の人は免疫力が低下するので、歯周病になりやすいことも分かっています。
インスリン抵抗性が高いと排卵障害にもつながります。
インスリンの働きを高め、血糖値を安定させるためにも、口腔ケアの強化が必要ですねflair

妊娠中は、女性ホルモンが増え、それを好む一部の歯周病菌が増殖しやすくなります。
また、つわりによる体調の変化で唾液の酸性度が上昇することなどが原因で、歯肉炎や歯周病になりやすく、悪化しやすいと言われます。
今のうちからしっかり歯磨きをして、歯科の定期検診も受けて、歯周病予防をしておきましょうhappy01


≪栄養カウンセリング≫ 
日時:木曜・土曜 9:30~、10:30~、11:30~、12:30~
料金:1回 1500円(50分)
初回の方は、ファーストインタビューを無料で行いますので、お気軽にご予約ください。

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg