クリニックBlog

2014.11.10更新

さて、今回は『培養室へようこそ!』シリーズ三回目ということで、
採卵が培養室でどのように行われているのか、お話させていただきますhappy01note

採卵室で超音波を見ながら採卵針で卵子の入った袋、卵胞から卵胞液ごと卵子をチューブ内に吸引します。
チューブには患者様の名前を書いたシールを貼って、他の患者様のチューブと間違わないようにしています。






卵胞液が入ったチューブは採卵室と培養室をつなぐパスボックスから培養士に渡されます。






受け取ったら、チューブ内の卵胞液をすぐにシャーレに移し、顕微鏡にて卵胞液の中から卵子を探し出します。






回収できた卵子は、午後に受精させるまでしばらくインキュベーターと呼ばれる培養器の中で培養します。






これで採卵は完了ですshine


vol.4 につづく。。。


培養士  辻

投稿者: 医療法人正育会春木レディースクリニック

  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • 初診専用ダイヤル 06-6281-9000 再診の方はこちら 06-6281-3788 事務局(患者様以外の方) 06-6281-8801
  • ネット予約
  • まずはお気軽に当クリニックへご相談ください
  • contact_tel01_sp.jpg
  • contact_tel02_sp.jpg
  • ネット予約
  • contact_tel03_sp.jpg